🏠
🌡️ 📆 令和6年7月19日
⇒#2068@講義;

👨‍🏫   電極に内在する界面


卒業研究(C1-電気化学2004~) では、 「 考察と討論 」 の中で、 「電極に内在する界面」について 述べられています ⇒#2068@講義;。

📆 初版
#🗒️👨‍🏫電池#🗒️👨‍🏫界面

材料1)と電極と評価方法を工夫して、電池2)やキャパシタ(コンデンサ)3)の電極4)のイメージを作り上げてゆきまます。

界面の特性値として接触抵抗5)、接触面積6)、電気二重層容量7)8)、表面張力9)10)、剪断応力11)などがあります12)。

表面電荷密度13)

【プロット】
電圧―電流密度14)

【講演会】リチウム二次電池@東京都王子区15)

【関連講義】
卒業研究(C1-電気化学2004~),招待講演、セミナーなど16)
卒業研究(C1-電気化学2004~),エネルギーデバイス17)
エネルギーデバイスの構造と界面18)
エネルギー変換化学特論,デバイスとバルクと界面19)
電極/電解液界面の劣化現象とそのメカニズム 20)


【書籍】
界面の物理化学21)

【業績】LiMn2O4系に対する導電付与材、集電体&電解液の効果22)


○西川幸秀,…らは、2008年に大阪府堺市堺区戎島町4-45-1で開催された第49回電池討論会においてリチウムイオン二次電池のためのフーリエ解析による金、チタン、アルミニウム正極集電体/炭素導電材界面の内部抵抗比較について報告している23)。


実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦æ–™,実験方法(C1)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

緒言(C > è£½å“èª¿æŸ» > ã‚¨ãƒãƒ«ã‚® > é›»æ± ,エネルギーデバイス
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).

緒言(C > è£½å“èª¿æŸ» > ã‚¨ãƒãƒ«ã‚® > ã‚­ãƒ£ãƒ‘シタ(コンデンサ),エネルギーデバイス
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).

実験方法 > é›»æ¥µ,実験方法(C1)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

【講演会】リチウム二次電池@東京都王子区
立花 å’Œå®, 研究ノート, (1).

結果と考 > æ‹›å¾…講演、セミナーなど,結果と考察(C1)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

緒言(C > è£½å“èª¿æŸ» > ã‚¨ãƒãƒ«ã‚®ãƒ¼ãƒ‡ãƒã‚¤ã‚¹,製品調査
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).

エネルギ > ã‚¨ãƒãƒ«ã‚®ãƒ¼ãƒ‡ãƒã‚¤ã‚¹ã®æ§‹é€ ã¨ç•Œé¢,エネルギーデバイス内部の材料界面接触とレート特性
立花 和宏,エネルギーデバイス内部の, 講義ノート, (2009).

エネルギ > ã€ï¼’00 > ç¬¬ï¼“講  > ãƒ‡ãƒã‚¤ã‚¹ã¨ãƒãƒ«ã‚¯ã¨ç•Œé¢ï¼ˆåŠå°Žä½“と界面),第3講 水の安定領域と過電圧
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2010).

リチウムイオン二次電池のためのフーリエ解析による金、チタン、アルミニウム正極集電体/炭素導電材界面の内部抵抗比較
○西川幸秀,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志 ,第49回電池討論会講演要旨集 (2008).

(1実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦æ–™,実験方法(C1)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(2緒言(C > è£½å“èª¿æŸ» > ã‚¨ãƒãƒ«ã‚® > é›»æ± ,エネルギーデバイス
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).
(3緒言(C > è£½å“èª¿æŸ» > ã‚¨ãƒãƒ«ã‚® > ã‚­ãƒ£ãƒ‘シタ(コンデンサ),エネルギーデバイス
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).
(4実験方法 > é›»æ¥µ,実験方法(C1)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(5接触抵抗率 Ïc / Ω·m².
(6接触面積 x / .
(7電気二重層容量 x / F/m².
(8 > åºè«–
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 丸善, , (2012).
(9表面張力 Î³ / N/m.
(10 > è¡¨é¢å‡¦ç†å·¥å­¦ã€€åŸºç¤Žã¨å¿œç”¨ï¼ˆç›®æ¬¡ï¼‰
表面技術協会, 表面処理工学 基礎と応用, 日刊工業新聞社, , (2000).
(11剪断応力 Ï„ / Pa.
(12 > æ¶²ä½“状態
井上 勝也 著, 現代物理化学序説 改訂版, 培風館, , (198).
(13表面電荷密度 Ïƒ / C/m².
(14電圧―電流密度,電圧,電流密度, (プロット).
(15【講演会】リチウム二次電池@東京都王子区
立花 å’Œå®, 研究ノート, (1).
(16結果と考 > æ‹›å¾…講演、セミナーなど,結果と考察(C1)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(17緒言(C > è£½å“èª¿æŸ» > ã‚¨ãƒãƒ«ã‚®ãƒ¼ãƒ‡ãƒã‚¤ã‚¹,製品調査
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).
(18エネルギ > ã‚¨ãƒãƒ«ã‚®ãƒ¼ãƒ‡ãƒã‚¤ã‚¹ã®æ§‹é€ ã¨ç•Œé¢,エネルギーデバイス内部の材料界面接触とレート特性
立花 和宏,エネルギーデバイス内部の, 講義ノート, (2009).
(19エネルギ > ã€ï¼’00 > ç¬¬ï¼“講  > ãƒ‡ãƒã‚¤ã‚¹ã¨ãƒãƒ«ã‚¯ã¨ç•Œé¢ï¼ˆåŠå°Žä½“と界面),第3講 水の安定領域と過電圧
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2010).
(20電極/電解液界面の劣化現象とそのメカニズム ,,etc,,
立花 和宏,シラバス-山形大学, (2014).
(21 > ç•Œé¢ã®ç‰©ç†åŒ–å­¦
鈴木啓三, 応用物理化学I-構造と物性-, 培風館, , (1985).
(22LiMn2O4系に対する導電付与材、集電体&電解液の効果
松木 健三立花 和宏, マテリアルインテグレーション, Vol.12, N. pp.35-42, Vol.12, p.35, (1999).
(23リチウムイオン二次電池のためのフーリエ解析による金、チタン、アルミニウム正極集電体/炭素導電材界面の内部抵抗比較
○西川幸秀,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志 ,第49回電池討論会講演要旨集 (2008).

関連の展示品


表


◇ 参考文献( 書籍 ・雑誌 ・URL )


✍ 平常演習

💯 課外報告書 Web Class



<h3 > <a id='yznl2068' href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2068'> 👨‍🏫 </a> <a href='http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/'> 電極に内在する界面 </a> </h3>

<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> . <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2068'> <q><cite> 電極に内在する界面 </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2008.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2068'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2068 </a> ,  (参照 <time datetime="2024-7-19">2024-7-19</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2068
名称: 教育用公開ウェブサービス
URL: 🔗 https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 学術情報基盤センター

🎄🎂🌃🕯🎉
名称: サイバーキャンパス「鷹山」
URL: 🔗 http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 データベースアメニティ研究会
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.