HOME 教育状況公表 本日
⇒#2073@講義;

  集電体|活物質(界面)

http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004〜) の単元です。 この講義(集電体|活物質(界面))の親単元は 電極に内在する界面 です。

初版

アルミニウムは不働化してバリア型の絶縁性皮膜生成するが電解液自己修復機能によってその絶縁性維持していると考えられている諸説があるもののアルミニウム酸化物アニオン空孔ありこのアニオン空孔が表面に露出している表面欠陥サイト電解液アニオン吸着して見かけ上の絶縁体となっていると言われているここでいう表面欠陥サイト電子的な欠陥であって花びら上の形状欠陥とは異なるこのような表面欠陥サイト電池活物質や炭素導電助材が接触することでオーミ接触成立し集電体本来の機能が発現する

アルミニウムのような集電体に活物質接触させても電気は流れません導電助材アルミニウム粉末使った場合も電池して動作しません

金に集電体に活物質接触させても電気は流れます導電助材金粉末使った場合も電池して動作します

このことからアルミニウム集電体は活物質と直接電子りとりできず活物質アルミニウム酸化皮膜電気抵抗増大させる性質有することがわかります

 活物質と集電体の電位分布(有限要素法解析)
©Copyright 2018 Tomohiro ItoC1 Laboratory all rights reserved.

四フッ化ホウ酸イオン1)六フッ化リン酸イオン2)過塩素酸イオン3)

修士論文卒業論文

たかぎ異種接触界面の導入によるアルミニウム陽極酸化皮膜の導電性発現機構-超高速イオン導電性-4)けいこ炭素接触による金属陽極酸化皮膜修復の阻害機構5)

まさのり薄膜LiMx(M=Co,Ni,Mn)Oy電極の作成及び高速電位掃引時の反応可逆性6)

関連講義

アルミニウム集電体7)正極活物質8)


アルミニウム集電体
正極活物質

関連の展示品

参考文献書籍論文URL

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> 集電体|活物質(界面) </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004〜) <a/a> 講義ノート, 2008. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2073'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2073 </a> ,  (参照 <time datetime="2018-10-17">2018-10-17</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2073

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3753
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2018 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.