HOME 教育状況公表 令和3年9月25日
⇒#2603@講義;

  アルミニウム集電体

伊藤 智博、仁科 辰夫
http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

卒業研究(C1-電気化学2004~) では、 「 集電体(集電子) 」 の中で、 「アルミニウム集電体」について 述べられています ⇒#2603@講義;。

初版

リチウムイオン次電池の正極集電体にはアルミニウムが使われる抵抗率2.655E-08 Ωmと小さく密度 2698kg/m3小さいため電池の軽量化が見込めるしかも加工性に優れコストも経済的に見合ったものとなるさらにッ素含む有機電解液中で充電時にアノード分極されてもッ化皮膜生成して不働態化し耐食性保つリチウム電池駆動用電解液中におけるアルミニウムの不働態化1)加えてこの不働態化皮膜は電子絶縁性なので電解液分極よる分解から保護する

抵抗率 ρ 〔Ω·m密度 d 〔kg/m³

2)

材料正極集電体

卒業研究

かわだは2012年にそれまでの研究アルミニウム集電体の皮膜形成に対するプライマー塗布の効果いうテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業したアルミニウム集電体の皮膜形成に対するプライマー塗布の効果(仮)3)

学会発表

○及川俊他,…らは2011年に東北大学川内北キャンパス(宮城県仙台市青葉区川内27-1) 開催された平成23年度 化学系学協会東北大会において過渡電流観察によるリチウム電池炭素導電助材集電体の微小剥離の解析について報告している過渡電流観察によるリチウム電池炭素導電助材と集電体の微小剥離の解析4)

○川田聖人,…らは2010年に岩手県盛岡市上田丁目188 岩手大学で開催された平成22年度化学系学協会東北大会においてアルミニウム集電体の皮膜形成に対するプライマー塗布の効果について報告しているアルミニウム集電体の皮膜形成に対するプライマー塗布の効果5)

○佐藤和美,…らは2005年に熊本で開催された電気化学会第72回大会において電気重層キャパシタの内部抵抗と集電体表面処理について報告している電気二重層キャパシタの内部抵抗と集電体表面処理6)

Chengx…らは2008年にInvestigation of the anodic behavior of Al current collector in room temperature ionic liquid electrolytesについて報告し室温イオン液体中におけるアルミニウム集電体アノード挙動に関する研究 関連講義卒業研究-電気化学2004,7)…と述べているInvestigation of the anodic behavior of Al current collector in room temperature ionic liquid electrolytes8)

田中智…らは2006年にで開催された表面技術協会第114回講演大会においてリード溶接によるアルミニウム集電体有機電解液おけるブレークダウン電圧降下とその抑制について報告しているリード溶接によるアルミニウム集電体の有機電解液におけるブレークダウン電圧の降下とその抑制9)

○大津拓也,…らは2003年に大阪府堺市で開催された第44回電池討論会において リチウム電池用有機電解液における合材が接触したアルミニウム集電体上の副反応の抑制について報告している リチウム電池用有機電解液における合材が接触したアルミニウム集電体上の副反応の抑制10)

立花和宏佐…らは2001年にリチウム電池駆動用電解液中におけるアルミニウム不働態化ついて報告しリチウムイオン次電池の正極集電体に使われるアルミニウムは有機電解液で不働態化するその不働態化機構は高電場機構であり水溶液中の反応機構と同じであるしかし水溶液中では溶媒の水がアルミニウム…と述べているリチウム電池駆動用電解液中におけるアルミニウムの不働態化11)

関連講義

12)

アルミニウム|炭素13)

集電体|活物質界面14)

15)

電気重層キャパシタEDLC16)

物理量

アノダイジングレシオ x 〔m/V拡面率 m 〔

材料

アルミニウム

試料

アルミニウム箔17)

アルミニウム箔18)

トーヤルカーボ19)

日本 エッチドアルミ箔20)

5/9東アル121)

書籍

22)

電解法による酸化皮膜目次23)

関連講義

エネルギー変換化学特論,金属材料リチウム電池アルミ集電体働き~24)

卒業研究-電気化学2004,25)

過渡電流観察によるリチウム電池炭素導電助材と集電体の微小剥離の解析
アルミニウム集電体の皮膜形成に対するプライマー塗布の効果
電気二重層キャパシタの内部抵抗と集電体表面処理
リード溶接によるアルミニウム集電体の有機電解液におけるブレークダウン電圧の降下とその抑制
 リチウム電池用有機電解液における合材が接触したアルミニウム集電体上の副反応の抑制


関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )


平常演習 Web Class

課外報告書 Web Class



<h2> <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2603'> ◇ </a> <a href='http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/'> アルミニウム集電体 </a> </h2>

<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> 伊藤 智博、仁科 辰夫. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2603'> <q><cite> アルミニウム集電体 </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2009.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2603'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2603 </a> ,  (参照 <time datetime="2021-9-25">2021-9-25</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2603

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2021 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.