HOME 教育状況公表 本日
⇒#813@講義;

  アルミニウム|炭素導電助材

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(アルミニウム|炭素導電助材)の親単元は 集電体|導電助材 です。

初版
アルミニウムは不働化してバリア型の絶縁性皮膜生成するが電解液自己修復機能によってその絶縁性維持していると考えられている諸説があるもののアルミニウム酸化物アニオン空孔ありこのアニオン空孔表面露出している表面欠陥サイト電解液アニオン吸着して見かけ上の絶縁体となっていると言われているここでいう表面欠陥サイト電子的な欠陥であって花びら上の形状欠陥とは異なるこのような表面欠陥サイトに電池活物質や炭素導電助材が接触することでオーミック接触成立し集電体本来の機能が発現する

アルミニウム集電体に接触する物質によってオーミック接触成立するかしないかが異なる電池の正極活物質に使われる金属酸化物は概ねオーミック接触成立するかしないしたがってオーミック接触成立させるのに炭素導電助材が使われる炭素導電助材歴史古く乾電池発明際には既に用いられている

チング処理施したアルミニウムウィスカー処理施したアルミニウムについて比較検討しましたチング処理施すことで電極面積は大きくなりますしかし接触面積1)が必ずしも大きくなるとは限りません無駄に電極面積増やしてもだめです有効な接触面積いかに増やすか

佐藤和美,及…らは2005年に名古屋国際会議場名古屋市熱田区熱田西町-1開催された第46回電池討論会においてリチウムイオン次電池正極集電体アルミニウム表面処理合材界面接触抵抗及ぼす影響について報告している2)


電気重層キャパシタEDLC3)

めぐは2011年にそれまでの研究Al集電体への炭素材料密着性に及ぼす表面処理の効果というテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した4)

かずみは2006年にそれまでの研究リチウムイオン次電池の急速充放電化と高容量密度化というテーマで修士論文としてまとめ山形大学卒業した5)

かずみ6)
なり7)

論文かずみEDLCおよびリチウムイオン次電池の集電体における炭素担持電極接触抵抗低減の効果8)

9)

武田浩幸,及…らは2011年にーホール船堀〒134-0091 東京都江戸川区船堀4-1-1 開催された第52回電池討論会においてリチウムイオン次電池過充電時のアルミニウム集電体からの炭素導電助材剥離現象について報告している10)

○佐藤幸裕・…らは2001年に兵庫県神戸市で開催された電気化学会第68回大会において炭素導電助材圧着したアルミニウム電極用いたリチウム次電池駆動用電解液の分解挙動について報告している11)

○西川幸秀,…らは2007年に東京工業大学大岡山キャンパスで開催された2007年電気化学秋季大会においてEDLCモデル電極におけるアルミニウム集電体炭素合材接触抵抗算出とその電流依存性について報告している12)

○佐藤和美,…らは2005年に熊本で開催された電気化学会第72回大会において電気重層キャパシタの内部抵抗と集電体表面処理について報告している13)

立花和宏,○…らは1999年に石巻で開催された平成11年度化学系7学協連合東北地方大会においてリチウム次電池集電体としてのアルミニウムに含まれる不純物金属元素と酸化皮膜生成反応の電気化学的検討について報告している14)

関連講義
アルミニウム集電体15)
導電助材16)
有機エレクトロデバイスの電流リークと分子電線モデル17)

リチウムイオン二次電池正極集電体アルミニウムの表面処理が合材との界面接触抵抗に及ぼす影響
佐藤和美,及川文成,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,第46回電池討論会講演要旨集 (2005).

緒言(C > 製品調査 > エネルギ > キャパシ > 電気二重層キャパシタ(EDLC),キャパシタ(コンデンサ)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

【論文】かずみ:EDLCおよびリチウムイオン二次電池の集電体における炭素担持電極の接触抵抗低減の効果
立花 和宏, 研究ノート, (2007).

リチウム > 正極の電 > 内部抵抗 > 集電体不働態皮膜/炭素導電助剤界面と電極の内部抵抗の関係,内部抵抗と電流特性
立花 和宏,リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2006).

リチウムイオン二次電池過充電時のアルミニウム集電体からの炭素導電助材の剥離現象
武田浩幸,及川俊他,本田千秋,関根智仁,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (2011).

炭素導電助材を圧着したアルミニウム電極を用いたリチウム二次電池駆動用電解液の分解挙動
○佐藤幸裕・立花和宏・遠藤孝志・仁科辰夫,電気化学会第68回大会講演要旨集 (2001).

EDLCモデル電極におけるアルミニウム集電体と炭素合材の接触抵抗の算出とその電流依存性
○西川幸秀,立花和宏,仁科辰夫,2007年電気化学秋季大会講演要旨集 (2007).

電気二重層キャパシタの内部抵抗と集電体表面処理
○佐藤和美,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,足高善也,Patrice Simon,尾形健明,電気化学会第72回大会講演要旨集 (2005).

リチウム二次電池集電体としてのアルミニウムに含まれる不純物金属元素と酸化皮膜生成反応の電気化学的検討
立花和宏,○佐藤幸裕,遠藤孝志,仁科辰夫,松木健三,平成11年度化学系7学協連合東北地方大会講演予稿集, p.180 (1999).

実験方法 > 材料&試 > 集電体( > アルミニウム集電体,集電体(集電子)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

実験方法 > 材料&試 > カーボン > 導電助材,カーボン材料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

 > 有機エレクトロデバイスの電流リークと分子電線モデル,
立花 和宏,有機エレクトロデバイスの, 講義ノート, (2009).

(1接触面積( [平方メートル].
(2リチウムイオン二次電池正極集電体アルミニウムの表面処理が合材との界面接触抵抗に及ぼす影響
佐藤和美,及川文成,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,第46回電池討論会講演要旨集 (2005).
(3緒言(C > 製品調査 > エネルギ > キャパシ > 電気二重層キャパシタ(EDLC),キャパシタ(コンデンサ)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(4Al集電体への炭素材料密着性に及ぼす表面処理の効果
清水 愛美, 卒業論文, (2011).
(5リチウムイオン二次電池の急速充放電化と高容量密度化
佐藤和美, 修士論文, (2006).
(6アルミニウム集電体への炭素導電助材の塗布圧による充放電性能への影響
佐藤 和美, 卒業論文, (2003).
(7電気化学キャパシタの急速充放電時における有効容量の向上
及川 文成, 修士論文, (2007).
(8【論文】かずみ:EDLCおよびリチウムイオン二次電池の集電体における炭素担持電極の接触抵抗低減の効果
立花 和宏, 研究ノート, (2007).
(9リチウム > 正極の電 > 内部抵抗 > 集電体不働態皮膜/炭素導電助剤界面と電極の内部抵抗の関係,内部抵抗と電流特性
立花 和宏,リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2006).
(10リチウムイオン二次電池過充電時のアルミニウム集電体からの炭素導電助材の剥離現象
武田浩幸,及川俊他,本田千秋,関根智仁,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (2011).
(11炭素導電助材を圧着したアルミニウム電極を用いたリチウム二次電池駆動用電解液の分解挙動
○佐藤幸裕・立花和宏・遠藤孝志・仁科辰夫,電気化学会第68回大会講演要旨集 (2001).
(12EDLCモデル電極におけるアルミニウム集電体と炭素合材の接触抵抗の算出とその電流依存性
○西川幸秀,立花和宏,仁科辰夫,2007年電気化学秋季大会講演要旨集 (2007).
(13電気二重層キャパシタの内部抵抗と集電体表面処理
○佐藤和美,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,足高善也,Patrice Simon,尾形健明,電気化学会第72回大会講演要旨集 (2005).
(14リチウム二次電池集電体としてのアルミニウムに含まれる不純物金属元素と酸化皮膜生成反応の電気化学的検討
立花和宏,○佐藤幸裕,遠藤孝志,仁科辰夫,松木健三,平成11年度化学系7学協連合東北地方大会講演予稿集, p.180 (1999).
(15実験方法 > 材料&試 > 集電体( > アルミニウム集電体,集電体(集電子)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(16実験方法 > 材料&試 > カーボン > 導電助材,カーボン材料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(17 > 有機エレクトロデバイスの電流リークと分子電線モデル,
立花 和宏,有機エレクトロデバイスの, 講義ノート, (2009).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> アルミニウム|炭素導電助材 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2006. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=813'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=813 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-9-24">2019-9-24</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=813

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.