🏠
🌡️ 📆 令和6年6月20日
⇒#3266@講義;

👨‍🏫 0009.  金属材料~負極活物質と集電体の働き~(2011_H23)

立花和宏

エネルギー化学特論 では、 「 【2011年(平成23)エネ変】 」 の中で、 「金属材料~負極活物質と集電体の働き~(2011_H23)」について 述べられています ⇒#3266@講義;。

📆 初版
#🗒️👨‍🏫金属結合#🗒️👨‍🏫トランジスタ

金属結合と電子伝導。

亜鉛、カドミウム、鉛、水銀

亜鉛1)

【物理量】過電圧2)

非鉄金属の代表、銅とアルミニウム
亜鉛めっきと電池の負極活物質
リチウムイオン二次電池の正極集電体とアルミニウムの不働態化
アノード酸化皮膜の欠陥と接触抵抗
リチウムイオン二次電池の負極集電体と銅の合金化
pn接合 トランジスタ

【材料】
無機材料3)

【物理量】
アノダイジングレシオ4)

【プロット】
電位掃引速度-電流密度5)

【関連講義】
卒業研究(C1-電気化学2004~),集電体|導電助材6)
卒業研究(C1-電気化学2004~),アルミニウム集電体7)
卒業研究(C1-電気化学2004~),負極活物質8)
リチウム電池のアルミニウム集電体について9)
リチウムイオン二次電池およびEDLCのための集電極としてのアルミニウム10)
リチウムイオン二次電池の正極集電体11)
大容量Liイオン電池用集電体セミナー,大容量Liイオン電池用集電体セミナー12)
仁科先生の工場見学ルポ,非鉄金属(アルミニウム・銅)13)
無機工業化学,非鉄金属@無機工業化学14)

【関連書籍】
リチウムイオン電池15)
固体表面16)
【関連書籍】
非直線抵抗17)
図解入門 よくわかる最新金属の基本と仕組み(目次)18)
物性化学 : 材料を中心として(目次)19)
物質の構成20)
物質の構造21)
物質の構成22)
23)

結果と考 > è€ƒå¯Ÿã¨è¨Ž > é›»æ¥µã«å†… > é›†é›»ä½“|導電助材,電極に内在する界面
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > é›†é›»ä½“( > ã‚¢ãƒ«ãƒŸãƒ‹ã‚¦ãƒ é›†é›»ä½“,集電体(集電子)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > æ´»ç‰©è³ª > è² æ¥µæ´»ç‰©è³ª,活物質
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

 > ãƒªãƒã‚¦ãƒ ã‚¤ã‚ªãƒ³äºŒæ¬¡é›»æ± ãŠã‚ˆã³ï¼¥ï¼¤ï¼¬ï¼£ã®ãŸã‚ã®é›†é›»æ¥µã¨ã—てのアルミニウム,
立花 和宏,リチウムイオン二次電池お, 講義ノート, (2004).

 > å¤§å®¹é‡Liイオン電池用集電体セミナー,
立花 和宏,大容量Liイオン電池用集, 講義ノート, (2011).

 > éžé‰„金属(アルミニウム・銅),
仁科 辰夫,仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2006).

無機工業 > é‡‘属工学 > éžé‰„金属@無機工業化学,金属工学・鉱山工学@無機工業化学
立花 和宏,無機工業化学, 講義ノート, (2007).

(1亜鉛ZincZn, = 65.39 g/mol, (化学種).
(2過電圧 Î· / V.
(3@ > ç„¡æ©Ÿææ–™
無機材料, (材料).
(4アノダイジングレシオ  / m/V.
(5電位掃引速度-電流密度,電位掃引速度,電流密度, (プロット).
(6結果と考 > è€ƒå¯Ÿã¨è¨Ž > é›»æ¥µã«å†… > é›†é›»ä½“|導電助材,電極に内在する界面
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(7実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > é›†é›»ä½“( > ã‚¢ãƒ«ãƒŸãƒ‹ã‚¦ãƒ é›†é›»ä½“,集電体(集電子)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(8実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > æ´»ç‰©è³ª > è² æ¥µæ´»ç‰©è³ª,活物質
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(9リチウム電池のアルミニウム集電体について,,etc,,
立花 和宏,シラバス-山形大学, (2011).
(10 > ãƒªãƒã‚¦ãƒ ã‚¤ã‚ªãƒ³äºŒæ¬¡é›»æ± ãŠã‚ˆã³ï¼¥ï¼¤ï¼¬ï¼£ã®ãŸã‚ã®é›†é›»æ¥µã¨ã—てのアルミニウム,
立花 和宏,リチウムイオン二次電池お, 講義ノート, (2004).
(11リチウムイオン二次電池の正極集電体,,etc,,
立花 和宏,シラバス-, (2009).
(12 > å¤§å®¹é‡Liイオン電池用集電体セミナー,
立花 和宏,大容量Liイオン電池用集, 講義ノート, (2011).
(13 > éžé‰„金属(アルミニウム・銅),
仁科 辰夫,仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2006).
(14無機工業 > é‡‘属工学 > éžé‰„金属@無機工業化学,金属工学・鉱山工学@無機工業化学
立花 和宏,無機工業化学, 講義ノート, (2007).
(15電気化学 > ã‚¨ãƒãƒ«ã‚® > ãƒªãƒã‚¦ãƒ ã‚¤ã‚ªãƒ³é›»æ± 
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).
(16 > å›ºä½“表面
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).
(17電気と磁 > éžç›´ç·šæŠµæŠ—
中村英二、吉沢康和, 新訂物理図解, 第一学習社, (1984).
(18 > å›³è§£å…¥é–€ã€€ã‚ˆãã‚ã‹ã‚‹æœ€æ–°é‡‘属の基本と仕組み(目次)
田中和明, 図解入門 よくわかる最新金属の基本と仕組み, 秀和システム, (2007).
(19 > ç‰©æ€§åŒ–å­¦ : 材料を中心として(目次)
松永義夫著, 物性化学 : 材料を中心として, 裳華房, (1981).
(20 > ç‰©è³ªã®æ§‹æˆ
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録, 数研出版, (1998).
(21 > ç‰©è³ªã®æ§‹é€ 
実教出版, サイエンスビュー化学総合資料, 実教出版, (2005).
(22 > ç‰©è³ªã®æ§‹æˆ
佐野博敏、花房昭静, 総合図説化学, 第一学習社, (1995).
(23金属、イ > é‡‘属結晶
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).

関連の展示品

◇ 参考文献( 書籍 ・雑誌 ・URL )


✍ 平常演習

💯 課外報告書 Web Class



<h3 > <a id='yznl3266' href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3266'> 👨‍🏫 </a> <a href='http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/'> 金属材料~負極活物質と集電体の働き~(2011_H23) </a> </h3>

<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> 立花和宏. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3266'> <q><cite> 金属材料~負極活物質と集電体の働き~(2011_H23) </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11208'> エネルギー化学特論 <a/a> 講義ノート, 2011.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3266'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3266 </a> ,  (参照 <time datetime="2024-6-20">2024-6-20</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3266
名称: 教育用公開ウェブサービス
URL: 🔗 https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 学術情報基盤センター

🎄🎂🌃🕯🎉
名称: サイバーキャンパス「鷹山」
URL: 🔗 http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 データベースアメニティ研究会
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.