HOME 教育状況公表 本日
⇒#2075@講義;

  アルミニウム|有機電解液界面

http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(アルミニウム|有機電解液界面)の親単元は 集電体|電解液(界面) です。

初版
アルミニウムとその化合物1)有機電解液リチウム電池EDLC2)に浸したときの界面

バリア型皮膜生成するため実際には下記のような界面となりますそれぞれの界面M|O界面O|S界面などと呼んだりします

アルミニウム集電体と炭素導電助材の接触抵抗はアルミニウム酸化皮膜欠陥濃度厚みなどで支配される皮膜存在しない金や皮膜電子伝導性のチタンなどは接触抵抗が小さくなるが電解液分解保護が期待できない皮膜欠陥少ないタンタルなどは接触抵抗が非常に大きくなる

孔食があったりするとそこに電流集中が起きます

アルミニウム|不働態皮膜|有機電解液界面

ッ化ホウイオン3)ッ化リンイオン4)過塩素酸イオン5)

皮膜通過する電流密度高電場機構6)

講演アジピンアンモニウム水溶液中におけるアルミニウム陽極酸化7)

○遠藤 …らは2008年に近畿大学本部キャンパス(東大阪市小若江3-4-1)で開催された表面技術協会第118回講演大会においてアルミニウムの表面酸化皮膜が有機電解液中でのブレークダウン電位に及ぼす影響について報告している8)

Chengx…らは2008年にInvestigation of the anodic behavior of Al current collector in room temperature ionic liquid electrolytesについて報告し室温イオン液体中におけるアルミニウム集電体アノード挙動に関する研究 関連講義卒業研究-電気化学2004,アルミニウムイオン液体界面9)…と述べている10)

立花和宏佐…らは2001年にリチウム電池駆動用電解液中におけるアルミニウム不働態化ついて報告しリチウムイオン次電池の正極集電体に使われるアルミニウム有機電解液不働態化するその不働態化機構は高電場機構であり水溶液中の反応機構と同じであるしかし水溶液中では溶媒の水がアルミニウム…と述べている11)12)

○立花和宏,…らは2000年に葉で開催された2000年電気化学秋季大会においてリチウム電池駆動用電解液中でのアルミニウム不働態化-皮膜生成機構-ついて報告している13)

松木健立…らは1999年にLiMn2O4系に対する導電付与材集電体&電解液の効果について報告しリチウムイオン次電池の正極活物質であるマンガンリチウム14)系の電池反応において導電付与材集電体&電解液がどのような影響およぼすか検討した15) 【関連…と述べている16)

物理量
アノダイジングレシオ17)ブレークダウン電圧18)電位上昇速度19)

関連講義
アルミニウムアノード酸化皮膜と高分子化合物の接触界面における電気化学,アルミニウムなぜ有機電解液中で腐食されないか?20)
アルミニウム集電体21)
正極集電体に対するAl不働態化と不働態皮膜バルブメタル制御22)
有機電解液中におけるアルミニウム集電体炭素合剤接触抵抗評価,アウトライン_有機電解液中におけるアルミニウム集電体炭素合剤23)

実験方法 > 材料&試 > 金属材料 > バルブメ > アルミニウムとその化合物,バルブメタルのアノード酸化とエッチング
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

実験方法 > 材料&試 > 電解液 > 有機電解液(リチウム電池、EDLC),電解液
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

【講演】アジピン酸アンモニウム水溶液中におけるアルミニウムの陽極酸化
立花 和宏, 研究ノート, (1998).

アルミニウムの表面酸化皮膜が有機電解液中でのブレークダウン電位に及ぼす影響
○遠藤 淳一*2,柳沼 雅章*1,平山 従仕*2,立花 和宏*1,仁科 辰夫*1,表面技術協会第118回講演大会講演要旨集 (2008).

結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体| > アルミニウム|イオン液体界面,集電体|電解液(界面)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

結果と考 > 論文・報 > リチウム電池駆動用電解液中におけるアルミニウムの不働態化(2001),論文・報告書・解説など
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2001).

リチウム電池駆動用電解液中でのアルミニウムの不働態化-皮膜生成機構-
○立花和宏,佐藤幸裕,仁科辰夫,遠藤孝志,小野幸子,2000年電気化学秋季大会要旨集 (2000).

正極に LiMn2O4 を用いたリチウム二次電池の充放電挙動-集電体と電解液の組み合わせの影響-
○片倉英至,立花和宏,第38回電池討論会講演要旨集 (1997).

 > アルミニウムはなぜ有機電解液中で腐食されないか?,
立花 和宏,アルミニウムアノード酸化, 講義ノート, (2011).

実験方法 > 材料&試 > 集電体( > アルミニウム集電体,集電体(集電子)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

結果と考 > 書籍等 > Li電極 > 第1節  > 有機電解液中におけるアルミニウムの不働態化 ,第1節 正極集電体に対するAl不働態化と不働態皮膜(バルブメタル)の制御
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

 > アウトライン_有機電解液中におけるアルミニウム集電体炭素合剤の接,
立花 和宏,有機電解液中におけるアル, 講義ノート, (2010).

(1実験方法 > 材料&試 > 金属材料 > バルブメ > アルミニウムとその化合物,バルブメタルのアノード酸化とエッチング
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(2実験方法 > 材料&試 > 電解液 > 有機電解液(リチウム電池、EDLC),電解液
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(3四フッ化ホウ酸イオンBF4-, = 86.8036 g/mol, (化学種).
(4六フッ化リン酸イオンPF6-, = 144.9642 g/mol, (化学種).
(5過塩素酸イオンClO4-, = 99.4506 g/mol, (化学種).
(6皮膜を通過する電流密度(高電場機構), (計算).
(7【講演】アジピン酸アンモニウム水溶液中におけるアルミニウムの陽極酸化
立花 和宏, 研究ノート, (1998).
(8アルミニウムの表面酸化皮膜が有機電解液中でのブレークダウン電位に及ぼす影響
○遠藤 淳一*2,柳沼 雅章*1,平山 従仕*2,立花 和宏*1,仁科 辰夫*1,表面技術協会第118回講演大会講演要旨集 (2008).
(9結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体| > アルミニウム|イオン液体界面,集電体|電解液(界面)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(10Investigation of the anodic behavior of Al current collector in room temperature ionic liquid electrolytes
Chengxin Peng, Li Yang, Zhengi Zhang, Kazuhiro Tachibana,Yong Yang, Shiyong Zhao, Electrochimica Acta 53(2008)4764-4772, (2008).
(11リチウム電池駆動用電解液中におけるアルミニウムの不働態化
立花和宏、佐藤幸裕、仁科辰夫、遠藤孝志、松木健三、小野幸子, Electrochemistry, Vol. 69, No.9, pp.670-680, (2001).
(12結果と考 > 論文・報 > リチウム電池駆動用電解液中におけるアルミニウムの不働態化(2001),論文・報告書・解説など
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2001).
(13リチウム電池駆動用電解液中でのアルミニウムの不働態化-皮膜生成機構-
○立花和宏,佐藤幸裕,仁科辰夫,遠藤孝志,小野幸子,2000年電気化学秋季大会要旨集 (2000).
(14マンガン酸リチウムLiMn2O4, = 180.8146 g/mol, (化学種).
(15正極に LiMn2O4 を用いたリチウム二次電池の充放電挙動-集電体と電解液の組み合わせの影響-
○片倉英至,立花和宏,第38回電池討論会講演要旨集 (1997).
(16LiMn2O4系に対する導電付与材、集電体&電解液の効果
松木健三、立花和宏, マテリアルインテグレーション, Vol.12, N. pp.35-42, (1999).
(17アノダイジングレシオ( [メートル毎ボルト].
(18ブレークダウン電圧(breakdown voltage [ボルト].
(19電位上昇速度( [ボルト毎秒].
(20 > アルミニウムはなぜ有機電解液中で腐食されないか?,
立花 和宏,アルミニウムアノード酸化, 講義ノート, (2011).
(21実験方法 > 材料&試 > 集電体( > アルミニウム集電体,集電体(集電子)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(22結果と考 > 書籍等 > Li電極 > 第1節  > 有機電解液中におけるアルミニウムの不働態化 ,第1節 正極集電体に対するAl不働態化と不働態皮膜(バルブメタル)の制御
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(23 > アウトライン_有機電解液中におけるアルミニウム集電体炭素合剤の接,
立花 和宏,有機電解液中におけるアル, 講義ノート, (2010).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> アルミニウム|有機電解液界面 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2008. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2075'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2075 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-9-19">2019-9-19</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2075

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.