HOME 教育状況公表 令和4年8月19日

孔食

1.

ステンレスアルミニウム表面欠陥あって塩化物イオンなどの吸着集中しそこだけが深い穴のようになる腐食特別な形態です

不働態皮膜破壊よって腐食食孔チピで進行することです
起きる電位よって研磨態孔食溶解と活性態孔食溶解ある

皮膜破壊アニオンしては塩化物イオンもっともよく研究されてます1)


(1目次-腐食反応とその制御 : 原理と応用
H.H.ユーリック著/松田誠吾, 松島巖共訳, 腐食反応とその制御 : 原理と応用, 産業図書, (1968).