⇒#3264

高電場機構

アルミニウムタンタルなどのバルブメタルアノード酸化によって皮膜ができる機構不働態皮膜内部の電場強度に対して指数関数1)的にイオン電流ながれます電流アノード酸化したとき内部の電場強度定に保たれるため時間に比例して電圧と皮膜膜厚が増加します皮膜膜厚と電圧の比はアノダイジングレシオ2)呼ばれ水溶液中でアルミニウムアノード酸化した場合は約1.4nm/Vです固体内のイオン移動空孔移動となります

1934年にガンターシュルツらが実験的に見出し3)1948年にカブレラらが理論的にモデル化しました4)その後種々のモデルが提出されています5)

関連講義卒業研究-電気化学2004,不働態皮膜の生成機構6)

指数関数図形.

結果と考 > 論文・報 > 刊行物@ > リチウム > 不働態皮膜の生成機構,リチウムイオン二次電池アルミニウム集電体について(2003)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2003).

(1指数関数図形.
(2アノダイジングレシオ( [メートル毎ボルト].
(3電流密度は電場強度の指数に比例(高電場機構)
A. Gunterschulze, H. Betz, Z. Phys.,92,367(1934).
(4金属酸化の理論
F.Mott, N.Cabrera, Rept.Prg.Phys.,12,163(1948).
(5バルブ金属表面に生成するアノード酸化皮膜の構造と性質
清水健一、幅崎浩樹、P.Skeldon, G.E. Thompson, G. C. Wood, 表面技術,50,2(1999).
(6結果と考 > 論文・報 > 刊行物@ > リチウム > 不働態皮膜の生成機構,リチウムイオン二次電池アルミニウム集電体について(2003)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2003).
(1)リチウム電池駆動用電解液中におけるアルミニウムの不働態化
立花和宏、佐藤幸裕、仁科辰夫、遠藤孝志、松木健三、小野幸子,Electrochemistry, Vol. 69, No.9, pp.670-680,,(2001).

高電場機構とはアノード酸化によるものです。
たしかに