HOME 教育状況公表 本日
⇒#2711@講義;

  アルミニウム|イオン液体界面


この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(アルミニウム|イオン液体界面)の親単元は 集電体|電解液(界面) です。

初版
Chengx…らは2008年にInvestigation of the anodic behavior of Al current collector in room temperature ionic liquid electrolytesについて報告し1)

C. Pen…らは2007年にAnodic behavior of Al current collector in 1-alkyl-3-methylimidazolium bis[(trifluoromethyl)sulfonyl]amid ionic liquid electrolytesについて報告しイオン性液体中におけるアルミニウム集電体アノード分極挙動について調べた…と述べている2)

Y. Tan…らは2007年にBreakdown Potential and Leakage Current of Aluminum in Ionic Liquidsについて報告しイオン液体中における絶縁破壊電圧について調べた…と述べている3)
(1Investigation of the anodic behavior of Al current collector in room temperature ionic liquid electrolytes
Chengxin Peng, Li Yang, Zhengi Zhang, Kazuhiro Tachibana,Yong Yang, Shiyong Zhao, Electrochimica Acta 53(2008)4764-4772, (2008).
(2Anodic behavior of Al current collector in 1-alkyl-3-methylimidazolium bis[(trifluoromethyl)sulfonyl]amid ionic liquid electrolytes
C. Peng, L. Yang, Z. Zhang, K. Tachibana, and Y. Yang, Journal of Power Sources 173: pp.510-517, (2007).
(3Breakdown Potential and Leakage Current of Aluminum in Ionic Liquids
Y. Tanaka, K. Tachibana, T. Endo, T. Nishina, L. Yang, T. Ogata and M. Sugawara, ITE Letters 8(3): pp.225-229, (2007).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> アルミニウム|イオン液体界面 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2009. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2711'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2711 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-11-12">2019-11-12</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2711

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.