⇒#49@計算;

皮膜を通過する電流密度(高電場機構)

数式-49)

関連する物理量

  • 電流密度
  • 係数(A)
  • 係数(B)
  • 電場強度


  • 皮膜通過する電流密度高電場機構

    関連講義卒業研究-電気化学2004,アルミニウム|有機電解液界面1)

    F.Mott, N.Caらは1948年に金属酸化の理論について電流密度は電場強度の指数に比例理論j=exp(e)界面律速 A. Gunterschらは1934年に電流密度は電場強度の指数に比例高電場機構ついて電流密度は電場強度の指と述べている金属酸化の理論2)

    立花和宏佐…らは2001年にリチウム電池駆動用電解液中におけるアルミニウム不働態化ついて報告しリチウムイオン次電池の正極集電体に使われるアルミニウムは有機電解液で不働態化するその不働態化機構は高電場機構であり水溶液中の反応機構と同じであるしかし水溶液中では溶媒の水がアルミニウム…と述べているリチウム電池駆動用電解液中におけるアルミニウムの不働態化3)



    物理は自然を測る学問。物理を使えば、 いつでも、 どこでも、みんな同じように測れます。 その基本となるのが 単位で、その比を数で表します。 量にならない 性状 も、序列で表すことができます。

    物理量単位の倍数であり、数値と 単位の積として表されます。

    との関係は、 で表すことができ、 数式で示されます。 単位が変わっても は変わりません。 自然科学では数式単位をつけません。 そのような数式では、数式の記号がそのまま物理量の記号を粟原素のでを量方程式と言います。

    *  基礎物理定数
    物理量 記号 数値 単位
    真空の透磁率 permeability of vacuum μ 0 4π ×10-2 NA-2
    真空中の光速度 speed of light in vacuum c , c 0 299792458 ms-1
    真空の誘電率 permittivity of vacuum ε = 1/ μ 0 c 2 8.854187817...×10-12 Fm-1
    電気素量 elementary charge e 1.602176634×10-19 C
    プランク定数 Planck constant h 6.62607015×10-34 J·s
    ボルツマン定数 Boltzmann constant kB 1.380649×10-23 J·s
    アボガドロ定数 Avogadro constant NA 6.02214086×1023 mol−1
    <!-- 数式 数式 数式-->
    <!-- 皮膜を通過する電流密度(高電場機構)-->
    <figure>
    <img src="http://chart.apis.google.com/chart?cht=tx&chf=bg,s,&chs=35&chl=j%3DAe%5E%7BBe%7D" />
    <figcaption>

    <div style="text-align:right;"> <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Physics/Formula/Calculation_Index.asp">数式</a>- <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Physics/Formula/@Calculation.asp?id=49">49 </div>
    </figcaption>
    </figure>
    <!-- 数式 数式 数式-->