⇒#441

不働態化

金属表面が適当な酸化剤によって酸化皮膜に覆われて不働態になることですアノード分極してもほとんど電流が流れなくなります金属腐食反応耐食性と密接な関係があります1)

通常酸化剤としては空気中の酸素水溶液中の溶存酸素オキソアニオンなどですニッケルは溶存酸素の存在下アルカリ水溶液中でも不働態化しますアルミニウムなどのバルブメタル中性水溶液中でアノード酸化すると不働態化します

有機電解液中では適当な酸化剤が存在しないため多くの金属溶解しますがアルミニウムッ素含むアニオンのもと不働態化します

そのためアルミニウムリチウムイオン二次電池正極集電体に使います




(1 > 腐食反応とその制御 : 原理と応用(目次)
H.H.ユーリック著/松田誠吾, 松島巖共訳, 腐食反応とその制御 : 原理と応用, 産業図書, (196).
(1)リチウム電池駆動用電解液中におけるアルミニウムの不働態化
立花和宏、佐藤幸裕、仁科辰夫、遠藤孝志、松木健三、小野幸子,Electrochemistry, Vol. 69, No.9, pp.670-680,,(2001).