⇒#232@学会;

アルミニウムの表面酸化皮膜が有機電解液中でのブレークダウン電位に及ぼす影響


, 表面技術協会第118回講演大会 , 近畿大学本部キャンパス(東大阪市小若江3-4-1),




講演種別 学術講演
講演分類記号 B22
講演題目 アルミニウムの表面酸化皮膜が有機電解液中でのブレークダウン電位に及ぼす影響
発表者所属 *1山形大学大学院理工学研究科, *2山形大学工学部
発表者氏名 ○遠藤 *2,柳沼 雅章*1,平山 従仕*2,立花 和宏*1,仁科 辰夫*1

キーード アルミニウム, アノード酸化, ブレークダウン, 有機電解液, 酸化皮膜

講演概要
目的 アルミニウムの表面酸化皮膜が有機電解液中でのブレークダウン電位どのような影響及ぼすか調べること

プロセス材料 水溶液中で予めアノード酸化したアルミニウム有機電解液中でのブレークダウン電位クロノポテンショメトリーで測定した

結果の要約 アルミニウム表面酸化皮膜厚くなると有機電解液中でのブレークダウン電位高くなる

ブレークダウン電圧1)2)

田中良樹,立…らは2005年に石川県地場産業振興センターで開催された表面技術協会第112講演大会においてイオン性液体中におけるアルミニウムアノード酸化ブレークダウン電圧ついて報告している3)

えんどうは2009年にそれまでの研究アルミニウムの表面酸化皮膜が有機電解液中でのアノード酸化に及ぼす効果というテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した4)

やぎぬまは2010年にそれまでの研究リチウムイオン電池合材スラリー最適化というテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業した5)

()日本アルミニウム協会中長期委員会研究助成6)

関連講義
卒業研究-電気化学2004,有機電解液中でのアルミニウムブレークダウン20107)
卒業研究-電気化学2004,学会発表20088)
卒業研究-電気化学2004,ブレークダウン電位9)



BMIBF4中でのアルミニウムのブレークダウン(CP)グラフ.

イオン性液体中におけるアルミニウムのアノード酸化とブレークダウン電圧
田中良樹,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,表面技術協会第112回講演大会講演要旨集 (2005).

結果と考 > 論文・報 > 刊行物@ > 有機電解液中でのアルミニウムのブレークダウン@2010,刊行物@C1(2010◆H22)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2008@C1,【2008年度(平成20)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

実験方法 > 測定と評 > クロノポ > ブレークダウン電位,クロノポテンショメトリー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

(1ブレークダウン電圧(breakdown voltage [ボルト].
(2BMIBF4中でのアルミニウムのブレークダウン(CP)グラフ.
(3イオン性液体中におけるアルミニウムのアノード酸化とブレークダウン電圧
田中良樹,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,表面技術協会第112回講演大会講演要旨集 (2005).
(4アルミニウムの表面酸化皮膜が有機電解液中でのアノード酸化に及ぼす効果
遠藤 淳一, 卒業論文, (2009).
(5リチウムイオン二次電池用バインダーおよび合材スラリーの評価法に関する研究
柳沼 雅章, 修士論文, (2010).
(6有機電解液中におけるアルミニウム集電体/炭素合剤の接触抵抗の評価プロジェクト.
(7結果と考 > 論文・報 > 刊行物@ > 有機電解液中でのアルミニウムのブレークダウン@2010,刊行物@C1(2010◆H22)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).
(8緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2008@C1,【2008年度(平成20)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(9実験方法 > 測定と評 > クロノポ > ブレークダウン電位,クロノポテンショメトリー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3753
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/