HOME 教育状況公表 本日
⇒#225@学会;

クエン酸ゲルプロセスによるオリビン型LiFePO4の合成と高速充放電特性の評価


○阿部智幸,松田圭悟,立花和宏,遠藤孝志,仁科辰夫, 第48回電池討論会 , 福岡県福岡市,



○阿部智幸松田圭悟立花和宏遠藤孝志仁科辰夫クエンゲルプロセスによるオリビン型LiFePOの合成と高速充放電特性の評価 リン鉄酸リチウムオリビン1)

○舘謙太立花和宏仁科辰夫渡邊 安積麻未松下卓史蓄電性ゴム用いたリチウムイオン次電池のアセンブルのための構成材料設計

○西俣 立花和宏仁科辰夫ククロフトウォルトン回路用いた組電池マネージメントシステムの最適化

 啓…らは2006年に東京都江戸川区で開催された第47回電池討論会においてリチウムイオン次電池正極活物質の結晶構造と高速充放電時におけるの非対称性について報告している2)

あべ3)

クエン4)

関連講義卒業研究-電気化学2004,リン鉄酸リチウムオリビン5)



実験方法 > 材料&試 > 活物質 > 正極活物 > リン鉄酸リチウム(オリビン),正極活物質
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

リチウムイオン二次電池正極活物質の結晶構造と高速充放電時におけるパワーの非対称性
原 啓,第47回電池討論会要旨集 (2006).

実験方法 > 材料&試 > 活物質 > 正極活物 > リン鉄酸リチウム(オリビン),正極活物質
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

(1実験方法 > 材料&試 > 活物質 > 正極活物 > リン鉄酸リチウム(オリビン),正極活物質
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(2リチウムイオン二次電池正極活物質の結晶構造と高速充放電時におけるパワーの非対称性
原 啓,第47回電池討論会要旨集 (2006).
(3オリビン型LiFePO4の電極反応機構の解析及びバインダのイオン透過性に関する研究
阿部智幸, 修士論文, (2008).
(4クエン酸dkw97657, FW = 192.12532 g/mol, (化学種).
(5実験方法 > 材料&試 > 活物質 > 正極活物 > リン鉄酸リチウム(オリビン),正極活物質
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=225

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.