HOME 教育状況公表 本日
⇒#3510@講義;

  集電体のアルミニウムはなぜ有機電解液中で腐食されないか?

http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 アルミニウムアノード酸化皮膜と高分子化合物の接触界面における電気化学 の単元です。 この講義(集電体のアルミニウムはなぜ有機電解液中で腐食されないか?)の親単元は (null) です。

初版
集電体アルミニウムなぜ有機電解液中で腐食されないか?

○立花和宏,…らは2000年に葉工業大学津津田沼キャンパスで開催された2000年電気化学秋季大会においてリチウム電池駆動用電解液中でのアルミニウム不働態化-皮膜生成機構-ついて報告している1)

化学種
アルミニウム2)ッ化ホウイオン3)ッ化リンイオン4)過塩素酸イオン5)

物理量
アノダイジングレシオ6)ブレークダウン電圧7)電位上昇速度8)

関連講義
卒業研究-電気化学2004,リチウム電池駆動用電解液中におけるアルミニウム不働態化20019)
卒業研究-電気化学2004,アルミニウム有機電解液界面10)


リチウム電池駆動用電解液中でのアルミニウムの不働態化-皮膜生成機構-
○立花和宏,佐藤幸裕,仁科辰夫,遠藤孝志,小野幸子,2000年電気化学秋季大会要旨集 (2000).

結果と考 > 論文・報 > リチウム電池駆動用電解液中におけるアルミニウムの不働態化(2001),論文・報告書・解説など
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2001).

結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体| > アルミニウム|有機電解液界面,集電体|電解液(界面)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

(1リチウム電池駆動用電解液中でのアルミニウムの不働態化-皮膜生成機構-
○立花和宏,佐藤幸裕,仁科辰夫,遠藤孝志,小野幸子,2000年電気化学秋季大会要旨集 (2000).
(2アルミニウムAluminumAl, = 26.9815 g/mol, (化学種).
(3四フッ化ホウ酸イオンBF4-, = 86.8036 g/mol, (化学種).
(4六フッ化リン酸イオンPF6-, = 144.9642 g/mol, (化学種).
(5過塩素酸イオンClO4-, = 99.4506 g/mol, (化学種).
(6アノダイジングレシオ( [メートル毎ボルト].
(7ブレークダウン電圧(breakdown voltage [ボルト].
(8電位上昇速度( [ボルト毎秒].
(9結果と考 > 論文・報 > リチウム電池駆動用電解液中におけるアルミニウムの不働態化(2001),論文・報告書・解説など
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2001).
(10結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体| > アルミニウム|有機電解液界面,集電体|電解液(界面)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> 集電体のアルミニウムはなぜ有機電解液中で腐食されないか? </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11236'> アルミニウムアノード酸化皮膜と高分子化合物の接触界面における電気化学 <a/a> 講義ノート, 2011. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3510'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3510 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-12-16">2019-12-16</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3510

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.