🏠
🌡️ 📆 令和6年7月24日
⇒#1818@講義;

👨‍🏫   バインダーの特性


卒業研究(C1-電気化学2004~) では、 「 バインダ 」 の中で、 「バインダーの特性」について 述べられています ⇒#1818@講義;。

📆 初版
#🗒️👨‍🏫バインダー#🗒️👨‍🏫粘性#🗒️👨‍🏫弾性#🗒️👨‍🏫塑性#🗒️👨‍🏫膨潤#🗒️👨‍🏫溶解

最新リチウムイオン二次電池
―安全性向上および高機能化に向けた材料開発―

リチウムイオン二次電池材料

バインダーの特性
・バインダーの歴史と身近な応用
・工業製品の中のバインダー
・接着剤と結着材
・液体(流体)から固体(剛体)へ
・硬化前の粘性(塗布)と硬化後の弾性と塑性(機械)
・接着強度、濡れ性、接触角、脱泡性
・硬化温度(熱)
リチウムイオン電池用バインダー
・
・耐溶剤性、膨潤とSP値(化学)、膨潤と溶解
・耐熱性、不燃性、難燃性、自己消化性(熱)
・耐酸化性、耐還元性(電気)
・SEI、ECMとの親和性と阻害
・イオン透過性
・電子伝導阻害性
バインダーの接着メカニズム
・集電体
・活物質
・導電助材
・アンカー効果
・分子間力

8~10枚
43×32行

テフロン(PTFE)分散液1)
KFポリマーL#1120(PVDF+NMP)2)
KFポリマーL#9130(PVDF+NMP)3)
ゴム系バインダ(EPDM)
スチレンブタジエンゴム(SBR)4)
BM-400B(ジエン系ゴム+水)5)
PVDF (佐藤)6)

【書籍】
リチウムイオン電池の製造7)
高密度リチウム二次電池 その反応、材料と技術開発(目次)8)
ここまできた接着技術 大きく変わる短時間硬化機能(目次)9)
高分子化学10)
身近な現象の化学(目次)11)
12)
粉体と液体(溶液)の界面(ぬれ) 13)

【関連講義】
卒業研究(C1-電気化学2004~),接着強度14)
15)



結果と考 > å’業論文 > æŽ¥ç€å¼·åº¦,卒業論文、修士論文、博士論文
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

リチウム > ãƒªãƒã‚¦ãƒ ã‚¤ã‚ªãƒ³äºŒæ¬¡é›»æ± ã®é«˜é€Ÿå……放電化と電極構造の最適化,リチウムイオン二次電池の正極構造と性能評価
立花 和宏,リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2008).

(1@ > æœ‰æ©Ÿææ–™ > ãƒ—ラスチ > ãƒ†ãƒ•ãƒ­ãƒ³(PTFE)分散液
テフロン(PTFE)分散液, (材料).
(2@ > æœ‰æ©Ÿææ–™ > ãƒ—ラスチ > KFポリマーL#1120(PVDF+NMP)
KFポリマーL#1120(PVDF+NMP), (材料).
(3@ > æœ‰æ©Ÿææ–™ > ãƒ—ラスチ > KFポリマーL#9130(PVDF+NMP)
KFポリマーL#9130(PVDF+NMP), (材料).
(4@ > æœ‰æ©Ÿææ–™ > ãƒ—ラスチ > ã‚´ãƒ  > ã‚¹ãƒãƒ¬ãƒ³ãƒ–タジエンゴム(SBR)
スチレンブタジエンゴム(SBR), (材料).
(5水系バインダー(ゴム), 仁科研究室(南西側), 仁科 辰夫, (2008).
(6PVDF (佐藤), 仁科研究室(南東側), 仁科 辰夫, (2003).
(7 > ãƒªãƒã‚¦ãƒ ã‚¤ã‚ªãƒ³é›»æ± ã®è£½é€ 
芳尾真幸、小沢昭弥, リチウムイオン二次電池-材料と応用-第二版, 日刊工業新聞社, (1996).
(8 > é«˜å¯†åº¦ãƒªãƒã‚¦ãƒ äºŒæ¬¡é›»æ± ã€€ãã®åå¿œã€ææ–™ã¨æŠ€è¡“開発(目次)
竹原善一郎, 高密度リチウム二次電池 その反応、材料と技術開発, テクノシステム, (1998).
(9 > ã“こまできた接着技術 大きく変わる短時間硬化機能(目次)
柳原榮一, ここまできた接着技術 大きく変わる短時間硬化機能, 工業調査会, (2003).
(10 > é«˜åˆ†å­åŒ–å­¦
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).
(11 > èº«è¿‘な現象の化学(目次)
日本化学会, 身近な現象の化学, 培風館, (2001).
(12ポリフッ化ビニリデンの延伸および延伸物の構造と物性:初期形態および延伸法の効果
, ,0,1(1996).
(13 > ç²‰ä½“と液体(溶液)の界面(ぬれ)
小石真純, 角田光雄著, 粉体の表面化学, 日刊工業新聞社, (1975).
(14結果と考 > å’業論文 > æŽ¥ç€å¼·åº¦,卒業論文、修士論文、博士論文
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(15リチウム > ãƒªãƒã‚¦ãƒ ã‚¤ã‚ªãƒ³äºŒæ¬¡é›»æ± ã®é«˜é€Ÿå……放電化と電極構造の最適化,リチウムイオン二次電池の正極構造と性能評価
立花 和宏,リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2008).

関連の展示品


表


◇ 参考文献( 書籍 ・雑誌 ・URL )


✍ 平常演習

💯 課外報告書 Web Class



<h3 > <a id='yznl1818' href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1818'> 👨‍🏫 </a> <a href='http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/'> バインダーの特性 </a> </h3>

<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> . <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1818'> <q><cite> バインダーの特性 </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2007.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1818'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1818 </a> ,  (参照 <time datetime="2024-7-24">2024-7-24</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1818
名称: 教育用公開ウェブサービス
URL: 🔗 https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 学術情報基盤センター

🎄🎂🌃🕯🎉
名称: サイバーキャンパス「鷹山」
URL: 🔗 http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 データベースアメニティ研究会
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.