HOME 教育状況公表 本日
⇒#2377@講義;

  バインダのイオン透過性


この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(バインダのイオン透過性)の親単元は バインダーの特性 です。

初版
バインダは電解液で膨潤してイオン透過するようです1)

活物質に関する関係
○阿部智幸,…らは2006年に同志社大学工学部京田辺市多々羅都谷1-3で開催された2006年電気化学秋季大会においてクエン酸錯体法で作製した高速充放電電極によるバインダイオン透過性評価について報告している2)

立花和宏,○…らは2005年に東北大学 川内キャンパス宮城県仙台市青葉区川内開催された平成17年度 化学系学協会東北大会においてリチウムイオン二次電池正極活物質へのバインダー塗布よるレート特性変化ついて報告している3)

アルミニウム集電体の皮膜との関係
○柳沼雅章,…らは2007年に山形大学 小白川キャンパス山形県山形市小白川町1-4-12開催された平成19年度 化学系学協会東北大会においてリチウムイオン二次電池正極合材塗布時のバインダ中の水分とアルミニウム集電体不動態皮膜漏れ電流ついて報告している4)

○田中智,立…らは2004年に国立京都国際会館京都市左京区宝ヶ池開催された第45回電池討論会においてリチウムイオン二次電池おける正極合材のバインダーアルミニウム集電体表面接触特性ついて報告している5)

K. Tac…らは1999年にで開催された196th Meeting of the ECSにおいてアルミニウム集電体純度電池性能ついて述べる中でバインダー電池性能及ぼす影響について報告している6)

関連講義
リチウムイオン二次電池の正極集電体,リチウムイオン二次電池の高速充放電化と電極構造の最適化7)
Liイオン次電池の高速充放電技術,電極スラリー調整と塗布乾燥プレス電池高速充放電8)

高分子ゲル目次9)
エネルギーためる10)

クエン酸錯体法で作製した高速充放電電極によるバインダのイオン透過性評価
○阿部智幸,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,2006年電気化学秋季大会講演要旨集 (2006).

リチウムイオン二次電池正極活物質へのバインダー塗布によるレート特性変化
立花和宏,○阿部智幸,田中智,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,平成17年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2005).

リチウムイオン二次電池正極合材塗布時のバインダ中の水分とアルミニウム集電体不動態皮膜の漏れ電流
○柳沼雅章,立花和宏,仁科辰夫,平成19年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2007).

リチウムイオン二次電池における正極合材のバインダーとアルミニウム集電体の表面接触特性
○田中智,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,第45回電池討論会講演要旨集, pp.556-557 (2004).

Impurity Effect in Aluminum Cathode Current Collector on Charging/Discharging Performance of Lithium Secondary Battery
K. Tachibana, T. Nishina, T. Endo and K. Matuki,196th Meeting of the ECS講演要旨集 (1999).

リチウム > リチウムイオン二次電池の高速充放電化と電極構造の最適化,リチウムイオン二次電池の正極構造と性能評価
立花 和宏,リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2008).

 > 3―電極スラリー調整と塗布・乾燥・プレス、電池の高速充放電化,
立花 和宏,Liイオン二次電池の高速, 講義ノート, (2009).

(1 > 高分子電池
芳尾真幸、小沢昭弥, リチウムイオン二次電池-材料と応用-第二版, 日刊工業新聞社, (1996).
(2クエン酸錯体法で作製した高速充放電電極によるバインダのイオン透過性評価
○阿部智幸,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,2006年電気化学秋季大会講演要旨集 (2006).
(3リチウムイオン二次電池正極活物質へのバインダー塗布によるレート特性変化
立花和宏,○阿部智幸,田中智,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,平成17年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2005).
(4リチウムイオン二次電池正極合材塗布時のバインダ中の水分とアルミニウム集電体不動態皮膜の漏れ電流
○柳沼雅章,立花和宏,仁科辰夫,平成19年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2007).
(5リチウムイオン二次電池における正極合材のバインダーとアルミニウム集電体の表面接触特性
○田中智,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,第45回電池討論会講演要旨集, pp.556-557 (2004).
(6Impurity Effect in Aluminum Cathode Current Collector on Charging/Discharging Performance of Lithium Secondary Battery
K. Tachibana, T. Nishina, T. Endo and K. Matuki,196th Meeting of the ECS講演要旨集 (1999).
(7リチウム > リチウムイオン二次電池の高速充放電化と電極構造の最適化,リチウムイオン二次電池の正極構造と性能評価
立花 和宏,リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2008).
(8 > 3―電極スラリー調整と塗布・乾燥・プレス、電池の高速充放電化,
立花 和宏,Liイオン二次電池の高速, 講義ノート, (2009).
(9 > 高分子ゲル(目次)
高分子学会編集、吉田亮著, 高分子ゲル, 共立出版, (2004).
(10 > エネルギーをためる
長谷川悦雄, 有機エレクトロニクス, 工業調査会, (2005).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> バインダのイオン透過性 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2008. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2377'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2377 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-10-19">2019-10-19</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2377

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.