HOME 教育状況公表 本日
⇒#3298@講義;

  溶剤系バインダーと水系バインダー

立花和宏
/amenity/~host/yz/c1/Education/Energy.asp

この 講義 電気化学特論 の単元です。 この講義(溶剤系バインダーと水系バインダー)の親単元は 化学工学とリチウム電池〜分散・スラリーの作成と塗布乾燥〜(2011_H23) です。

初版
集電体の側から電気的接続追跡してみれば集電体と炭素導電助材炭素導電助材と活物質活物質電解液なる炭素導電助材種類異なる表面特性持つ固体粒子分散媒中に分散させしかも乾燥時にはそれら種類固体粒子電気的に接続されなければならない特にスラリー内部で要求されるのは炭素導電助材と活物質の電気的接続である
分散媒が非極性の場合極性表面持つ活物質では分散媒排除する傾向がある分散媒が排除された箇所に炭素導電助材の親水性の箇所が接続することで電気的接続が成立するもし活物質に炭素コーティングなどが施されていて活物質が非極性表面あるとこのような効果は望めない

材料
テフロン(PTFE)分散1)
KFポリマーL#1120(PVDF+NMP)2)
KFポリマーL#9130(PVDF+NMP)3)
ゴムバインダEPDM
スチレンブタジエンゴムSBR4)

関連講義
卒業研究-電気化学2004,分散バインダー5)
卒業研究-電気化学2004,溶剤バインダー6)
卒業研究-電気化学2004,集電体バインダ|有機電解液界面7)

関連書籍
吸着質8)

実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ > 分散系バインダー,バインダ
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ > 溶剤系バインダー,バインダ
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体| > 集電体|バインダ|有機電解液界面,集電体|電解液(界面)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

(1@ > 有機材料 > 高分子材 > プラスチ > ポリテト > テフロン(PTFE)分散液
テフロン(PTFE)分散液, (材料).
(2@ > ソリュー > 溶剤系バ > PVdF > KFポリマーL#1120(PVDF+NMP)
KFポリマーL#1120(PVDF+NMP), (材料).
(3@ > ソリュー > 溶剤系バ > PVdF > KFポリマーL#9130(PVDF+NMP)
KFポリマーL#9130(PVDF+NMP), (材料).
(4@ > 有機材料 > 高分子材 > プラスチ > ゴム > スチレンブタジエンゴム(SBR)
スチレンブタジエンゴム(SBR), (材料).
(5実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ > 分散系バインダー,バインダ
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(6実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ > 溶剤系バインダー,バインダ
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(7結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体| > 集電体|バインダ|有機電解液界面,集電体|電解液(界面)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(8 > 吸着質
竹内節, 吸着の化学―表面・界面制御のキーテクノロジー―, 産業図書, p.107, (1995).

関連の展示品

参考文献書籍論文URL

課題



<li> <article> . <q><cite> 溶剤系バインダーと水系バインダー </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11208'> 電気化学特論 <a/a> 講義ノート, 2010. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3298'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3298 </a> ,  (参照 <time datetime="2018-9-25">2018-9-25</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3298

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3753
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2018 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.