⇒#2398

液晶ディスプレイ

1.液晶ディスプレイの原理と技術
リキクリスタルディスプレイLCDITO使った透明電極液晶はさんだディスプレイ1)2)1973年にシャープが世界に先駆けてLCD搭載の電卓実用化しました

消費電力が小さいためトランジスタの作動電圧と同じ電圧で動き電池で駆動する時計電卓などのモバイルに多用されました偏光素子使っているのでもともとは表示しかできないためカラー表示カラーフィルター使います3)小型のものでは日の字型ディスプレイの形状パターニングしますが携帯電話テレビではトマトリクス表示行います発光しないので明るいカラー表示クライト必要としますカラー液晶カラーフィルター使う方式とフィールドシーケンシャル方式がありますフィールドシーケンシャル方式青のLED拡散板のサイドエから入光しますフレキシブル液晶ディスプレイも開発されつつあります

最近では時計電卓体温測定装置リモコンゲーム携帯電話4)デジタルカメラ5)テレビ6)始めとして多くの家電製品使われてます

ガラス基板ゲートソース保護膜配向膜透明電極(ITO)などからなります

まずはTFT基板とCF基板に分けて製造はじめます7)TFT基板となるガラス受け入れ洗浄し前洗浄成膜レジスト塗布露光現像チングレジスト剥離などの工程経ますCF基板の方も同様にガラス受け入れ洗浄し電極形成配向処理シール印刷スペーサー散布などの工程経ますTFT基板CF基板貼りあわせスクライブブレイク液晶注入偏光板貼り付け検査などの工程経てさらに制御ICや光源のクライト取り付けて液晶パネル完成します

大画面パネル生産するのに畳みたいなガラス基板ぶんぶん回しているって話ですスピンコート

エネルギ > 第8回:色っぽい話―ディスプレイ,エネルギー変換化学のアウトライン
立花 和宏,エネルギー変換化学, 講義ノート, (2006).

ミュージ > その他の > 家電製品 > オーディ > 液晶テレビ,オーディオ&ビジュアル
泉 多恵子,科学ゼミⅡ, 講義ノート, (2009).

(1 > 有機ファインケミカルズ
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).
(2 > エレクトロニクスと電気化学
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 新星社, (1990).
(3エネルギ > 第8回:色っぽい話―ディスプレイ,エネルギー変換化学のアウトライン
立花 和宏,エネルギー変換化学, 講義ノート, (2006).
(4 > 体系的に学ぶ携帯電話のしくみ(目次)
神崎洋治、西井美鷹, 体系的に学ぶ携帯電話のしくみ, 日経BPソフトプレス, (2006).
(5 > 体系的に学び直すデジタルカメラのしくみ(目次)
神崎洋治、西井三鷹, 体系的に学び直すデジタルカメラのしくみ, 日経BPソフトプレス, (2004).
(6ミュージ > その他の > 家電製品 > オーディ > 液晶テレビ,オーディオ&ビジュアル
泉 多恵子,科学ゼミⅡ, 講義ノート, (2009).
(7 > 工場見学!モノがつくられる工程をみる
松林光男、渡辺弘, イラスト図解 工場のしくみ, 日本実業出版社, (2004).