🏠
🌡️ 📆 令和6年7月20日
⇒#500@レビュー;

4. ç„¡æ©Ÿç‰©è³ª

実教出版. サイエンスビュー化学総合資料 . 実教出版,.
#🗒️👨‍🏫無機物#🗒️👨‍🏫金#🗒️👨‍🏫金属#🗒️👨‍🏫ケイ素#🗒️👨‍🏫化合物#🗒️👨‍🏫ニッケル#🗒️👨‍🏫希ガス#🗒️👨‍🏫元素

参照元

講義ノート:


書評・注釈・コメント

【関連講義】
新日本製鐵株式会社 君津製鐵所1)
化学I,無機物質2)
電気化学の庵,高校化学3)
無機工業化学,鉄鋼@無機工業化学4)

無機材料5)

【関連書籍】
無機物質6)
無機化合物7)
無機物質8)

鉄鋼関連 > æ–°æ—¥æœ¬è£½éµæ ªå¼ä¼šç¤¾ã€€å›æ´¥è£½éµæ‰€,鉄鋼関連(製鉄、鋳造)
仁科 辰夫,仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2007).

特になし > ç„¡æ©Ÿç‰©è³ª,特になし
仁科 辰夫,化学I, 講義ノート, (2005).

高等学校 > é«˜æ ¡åŒ–å­¦,高等学校でのお勉強
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2005).

金属工学 > é‰„鋼@無機工業化学,金属工学・鉱山工学@無機工業化学
立花 和宏,無機工業化学, 講義ノート, (2007).

(1鉄鋼関連 > æ–°æ—¥æœ¬è£½éµæ ªå¼ä¼šç¤¾ã€€å›æ´¥è£½éµæ‰€,鉄鋼関連(製鉄、鋳造)
仁科 辰夫,仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2007).
(2特になし > ç„¡æ©Ÿç‰©è³ª,特になし
仁科 辰夫,化学I, 講義ノート, (2005).
(3高等学校 > é«˜æ ¡åŒ–å­¦,高等学校でのお勉強
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2005).
(4金属工学 > é‰„鋼@無機工業化学,金属工学・鉱山工学@無機工業化学
立花 和宏,無機工業化学, 講義ノート, (2007).
(5@ > ç„¡æ©Ÿææ–™
無機材料, (材料).
(6 > ç„¡æ©Ÿç‰©è³ª
竹内敬人ほか, ダイナミックワイド図説化学, 東京書籍, (2003).
(7 > ç„¡æ©ŸåŒ–合物
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録, 数研出版, (1998).
(8 > ç„¡æ©Ÿç‰©è³ª
佐野博敏、花房昭静, 総合図説化学, 第一学習社, (1995).

引用・概要・要約・抄訳

無機物質

希ガスと水素
ハロゲン
ハロゲンの化合物1
ハロゲンの化合物2
硫黄の化合物
窒素とその化合物
リンとその化合物
炭素とケイ素
ケイ素の化合物
気体の製法と性質
アルカリ金属
ナトリウムの化合物
2族元素とその化合物
カルシウム1)とその化合物
アルミニウム2)
亜鉛・カドミウム・水銀
スズ・鉛とその化合物
遷移元素と錯イオン
鉄3)・コバルト4)・ニッケル5)
銅・銀・金とその化合物1
銅・銀・金とその化合物2
その他の遷移金属
金属イオンの検出と確認
金属イオンの沈殿反応
金属イオンの分析
無機化学工業1金属の製造
無機化学工業2電解工業
無機化学工業3酸・塩基

サイエンスビュー化学総合(目次)6)



(1カルシウムCa, = 40.078 g/mol, (化学種).
(2アルミニウムAluminumAl, = 26.9815 g/mol, (化学種).
(3鉄IronFe, = 55.847 g/mol, (化学種).
(4コバルトCo, = 0 g/mol, (化学種).
(5ニッケルnickelNi, = 58.69 g/mol, (化学種).
(6 > ã‚µã‚¤ã‚¨ãƒ³ã‚¹ãƒ“ュー化学総合(目次)
実教出版, サイエンスビュー化学総合資料, 実教出版, (2005).

出典・引用元

type=7,id=0

他の著作物の一部分を自由に掲載するためには、以下の条件 を満たす必要があります。これらは著作権法の第32条(引用)と 第48条(出所の明示)に基づきます。 1 )

著者名. 書名. 版表示, 出版地, 出版者, 出版年, 総ページ数, (シリーズ名, シリーズ番号), ISBN.


1.著者名
2.書名
3.版表示, 出版地, 出版者, 出版年, 総ページ数,
版表示は2版以降の場合に記述し、初版では省略します。
出版年は西暦で記述します。
ページ数の後に「p.」を付加して、総ページ数であることを示します。
4.(シリーズ名, シリーズ番号), ISBN.
シリーズ名・シリーズ番号の「(日本の<現代>,第9巻)」とISBNの 「ISBN4-7571-4100-9」は任意記述項目ですので、省略可能です。

2 )

<ul>
<!-- 書評 書評 書評 4. ç„¡æ©Ÿç‰©è³ªã€€æ›¸è©•ã€€æ›¸è©•ã€€æ›¸è©•ã€€-->
<li>
<a target="_blank" href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=500"> 4. ç„¡æ©Ÿç‰©è³ª </a>
<br/> 実教出版.
<cite> <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookRequest.asp?nBookRequestID=105"> サイエンスビュー化学総合資料 </a> </cite>.
実教出版, ( <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=500"> 参照 2007-3-7 </a> ) .
</li>
<!-- 書評 書評 書評 4. ç„¡æ©Ÿç‰©è³ªã€€æ›¸è©•ã€€æ›¸è©•ã€€æ›¸è©•ã€€-->
</ul>


【関連講義】
新日本製鐵株式会社 君津製鐵所1)
化学I,無機物質2)
電気化学の庵,高校化学3)
無機工業化学,鉄鋼@無機工業化学4)

無機材料5)

【関連書籍】
無機物質6)
無機化合物7)
無機物質8)

鉄鋼関連 > æ–°æ—¥æœ¬è£½éµæ ªå¼ä¼šç¤¾ã€€å›æ´¥è£½éµæ‰€,鉄鋼関連(製鉄、鋳造)
仁科 辰夫,仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2007).

特になし > ç„¡æ©Ÿç‰©è³ª,特になし
仁科 辰夫,化学I, 講義ノート, (2005).

高等学校 > é«˜æ ¡åŒ–å­¦,高等学校でのお勉強
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2005).

金属工学 > é‰„鋼@無機工業化学,金属工学・鉱山工学@無機工業化学
立花 和宏,無機工業化学, 講義ノート, (2007).

(1鉄鋼関連 > æ–°æ—¥æœ¬è£½éµæ ªå¼ä¼šç¤¾ã€€å›æ´¥è£½éµæ‰€,鉄鋼関連(製鉄、鋳造)
仁科 辰夫,仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2007).
(2特になし > ç„¡æ©Ÿç‰©è³ª,特になし
仁科 辰夫,化学I, 講義ノート, (2005).
(3高等学校 > é«˜æ ¡åŒ–å­¦,高等学校でのお勉強
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2005).
(4金属工学 > é‰„鋼@無機工業化学,金属工学・鉱山工学@無機工業化学
立花 和宏,無機工業化学, 講義ノート, (2007).
(5@ > ç„¡æ©Ÿææ–™
無機材料, (材料).
(6 > ç„¡æ©Ÿç‰©è³ª
竹内敬人ほか, ダイナミックワイド図説化学, 東京書籍, (2003).
(7 > ç„¡æ©ŸåŒ–合物
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録, 数研出版, (1998).
(8 > ç„¡æ©Ÿç‰©è³ª
佐野博敏、花房昭静, 総合図説化学, 第一学習社, (1995).
<%nExtID=500:szRefType="book":szRefHeadLine="実教出版,サイエンスビュー化学総合資料,実教出版,4. ç„¡æ©Ÿç‰©è³ª(2005)"%>
<!-- #include virtual ="/developer/Include/ref_num.inc" -->


出版物

表   1 出版物
種類 例
非定期刊行物 図書 ・書籍 ・ 学位論文 ・抜刷り・学校教科書
定期刊行物 新聞・雑誌( 学術論文)・年鑑
そのほか 楽譜、 カレンダー、番組表、 地図

著作物 の著作権は、著者にあります。 しかし、著作物を出版した場合、出版物の著作財産権は、著者ではなく、出版社に帰属することが多いです。


◇ 参考文献


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=500
名称: 教育用公開ウェブサービス
URL: 🔗 https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 学術情報基盤センター

🎄🎂🌃🕯🎉
名称: サイバーキャンパス「鷹山」
URL: 🔗 http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 データベースアメニティ研究会
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.