HOME 教育用公開ウェブサービス ROBINS
機能界面設計工学特論

正極集電体/水系バインダーの接触とリチウムイオン二次電池の信頼性


【15:30-17:00】

4.正極集電体/水系バインダーの接触とリチウムイオン二次電池の信頼性

山形大学 大学院理工学研究科 准教授 博士(工学) 立花 和宏 氏
【専門】電気化学
  【習得できる知識】
リチウム電池の動作原理の基礎と電極設計のコンセプト。それに関わる各種電池材料物性との関わりとバインダーの役割
【講座の趣旨】
電池の原理をおさらいし、電極内部や集電体表面におけるバインダーの役割を理解し、実際の電池の設計に役立てること。
1. リチウムイオン電池の構造と電極中の電気の流れ方
 1.1 電池の基本とその原理
 1.2 電池から電気が取り出せるということ
 1.3 リチウム電池電極内部の電気の流れ
 1.4 活物質、集電体、導電助材、電解液の役割
 1.5 内部抵抗とサイクル特性

2.電極中のバインダーの役割と電池性能
 2.1 材料の電気物性と極性
 2.2 材料の粉体特性と合材の分散・塗布・乾燥
 2.3 溶剤系バインダーと水分散系バインダー
 2.4 材料混合の順序とバインダーの選択と電池性能
 2.5 バインダー役割と電池性能

3. 正極集電体と合材との接触抵抗とサイクル劣化
 3.1 交流インピーダンス法によるバインダーの評価
 3.2 交流インピーダンス法によるスラリー乾燥過程の導電ネットワーク解析
 3.3 集電体へのバインダー関与と電池性能
 3.4 集電体界面の密着性と内部抵抗
 3.5 バインダーや分散剤が内部抵抗やサイクル劣化に及ぼす影響

導電性高分子
学会発表 導電性

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/54299/c1/Extra_Syllabus/2017_H29/20170323.asp