HOME 教育状況公表 令和3年7月25日
機能界面設計工学特論

明日からやろう!インピーダンス測定・解析

~ 予備知識がなくても実践できる交流インピーダンス測定・解析法 ~
主催: サイエンス&テクノロジー(S&T)
日時 2020年9月15日(火) 10:30~17:00
仁科・立花・伊藤研究室

効果的にオンラインセミナーを受講するために

必要に応じて、Zoomのフルスクリーン表示を解除して、ブラウザでURL指定された教材を閲覧すると見やすくなります。 スマートフォンとPCの2台併用すると、QRコード読み取ることで、複数画面を使いやすくなります。

オンラインでは、音声が途切れたり聞き取りにくい場合があります。大切なこと音声と同時にチャットウインドウにテキストで送信する予定です。 通信途絶等があった場合は、主催者(ホスト)に連絡して、対応をお待ちください。

受講者の端末により解像度、縦横比、色合い等が異なる場合があります。また受講者のディスプレイのサイズが小さいと、画像が潰れて文字が読み取りにくい場合があります。 また視野が狭まり、一点注視となるため眼精疲労がたまりやすくなります。 できるだけ配慮しますが、気づいた点は、早めにお伝えください。

講師はマウスやキーボードの操作の負担が多く、ハンドマイクが使えず、抑揚のある音韻表現や、身振り手振りを交えての表現、視線や意図的な沈黙などの表現に制限が加わります。そのため対面セミナーに較べてより項目を絞り込むことがあります。また、講師から受講者の視線や表情を読み取ることが困難になります。チャットウインドウで気持ちやニーズを早めにお伝えください。

オンラインの短所を補い、長所を活用するためネット教材を使います。ネット上のインタラクティブ・コンテンツは、セミナー終了後もできるだけ維持更新を続ける予定です。


明日からやろう!インピーダンス測定・解析
~ 予備知識がなくても実践できる交流インピーダンス測定・解析法 ~
講演趣旨:

本講座ではリチウム電池にかかわるインピーダンス測定・解析を取り上げます。電池は総力戦です。狭い専門知識よりも、広く見渡す力が求められます。SDGs(持続可能な開発目標)では、自分ひとりで理解して納得するより、みんなで協働し、社会をよりよくすることが大切です。本講座ではインピーダンスに軸足をおき、電池や電気の関連知識をおさらいしつつ、目標に向かって最初の一歩を踏み出せるようお手伝いします。

主催: サイエンス&テクノロジー(S&T)
日時 2020年9月15日(火) 10:30~17:00
山形大学  学術研究院  物質化学専攻  立花和宏
正弦波(サイン波)(440Hz)

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/54299/c1/Extra_Syllabus/2020_R02/20200915.asp

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2021 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.