HOME 教育状況公表 本日
⇒#4511@講義;

  リチウムイオン電池の構造

立花和宏, 仁科辰夫
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/56307/56307_07.asp

この 講義 エネルギー化学特論 の単元です。 この講義(リチウムイオン電池の構造)の親単元は 電池とキャパシタ です。

初版

リチウムイオン次電池に正極と負極と電解質あるのは言うまでもない リチウム次電池では電子絶縁体ある電解質に有機電解液使うリチウム強力な還元力使う代償として優秀な溶媒の水の使用諦めたその結果電池の内部抵抗もっとも左右する電解質の導電率が桁近く小さくなったその弱点補うために電極間距離狭く電極面積大きくせざる得なかったかくしてジェリーロール型や枚葉ラミネート型などほかには類みない電池構造が発達したそしてここにきてリチウムイオン次電池へさらなる高出力化が求められている

電極材料は固体の粉体だこれ集電体固着するのにいったんスラリーして塗布乾燥するこのとき活物質への電子導電経路と電解液が染み込む多孔質形状同時に作りこむ必要がある

合材スラリー活物質導電助材結着材混ぜて集電体に塗布乾燥して電極とする

 リチウム電池(LIB)の寸法例
©Copyright 2020 Satoshi Ishikawa all rights reserved.

正極

  Li+ + e- + Mn2O4 →   LiMn2O4
(反応-501)
  Li+ + e- + CoO2 ↔   LiCoO2Eº = 0.8V
(反応-414)

負極

  Li+ + e- + 6C →   C6Li
(反応-555)

正極合材正極活物質導電助材結着材正極集電体に塗布乾燥して正極とする

六フッ化リン酸リチウム/有機溶媒

 電池を動物に例えるなら
©Copyright 2020 Hiroyoshi Takahashi all rights reserved.

 バルクと界面
©Copyright 2020  all rights reserved.

 ランドルス型等価回路
©Copyright 2020  all rights reserved.

 108 リチウムイオン二次電池の負極

 109 リチウムイオン二次電池の正極

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> 立花和宏, 仁科辰夫. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4511'> <q><cite> リチウムイオン電池の構造 </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11208'> エネルギー化学特論 <a/a> 講義ノート, 2016.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4511'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4511 </a> ,  (参照 <time datetime="2020-8-5">2020-8-5</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4511

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2020 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.