HOME 教育状況公表 本日
⇒#363@講義;

0005.  電池とキャパシタ

立花和宏, 仁科辰夫
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/56307/56307_06.asp

この 講義 電気化学特論 の単元です。 この講義(電池とキャパシタ)の親単元は (null) です。


電池キャパシタ電圧が高いほどエネルギーがたまります電池はたまった電気量とは無関係に電圧はほぼ定ですがキャパシタはたまった電気量比例して電圧が変化します

またキャパシタコンデンサでは化学変化ファラディ過程伴いません電池では化学変化があるのでその反応の可逆性が2次電池ではサイクル特性向上のポイントなります

コンデンサ

理想的なコンデンサでは電気量 Q 〔C電圧比例します

電圧―電気量曲線1)

 電池の充放電曲線
©Copyright 2018 Kazuhiro Tachibana all rights reserved.

電池

 LIBの寸法例
©Copyright 2018 Satoshi Ishikawa all rights reserved.

関連講義卒業研究-電気化学2004,アルカリマンガン乾電池2)

関連講義

リチウムイオン電池の高速充放電化と制御技術,リチウムイオン電池の電極構造と構成材料の機能 リチウムイオン二次電池の電極構造と構成材料の機能3)

卒業研究-電気化学2004,電池4)キャパシタ(コンデンサ)5)


関連の展示品

参考文献書籍論文URL

課題



<li> <article> . <q><cite> 電池とキャパシタ </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11208'> 電気化学特論 <a/a> 講義ノート, 2005. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=363'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=363 </a> ,  (参照 <time datetime="2018-7-21">2018-7-21</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=363

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3753
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2018 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.