3-3308 内部資料 鈴木崇広

白谷-平成学徒浪漫譚-

吾輩は白谷である。名前はまだ無い。どこで生れたか大体察しはついているがあまり言いたくない。 何でも寒くてラブホが乱立したした所でギャーギャー騒いでいた事だけは記憶している。 吾輩はここで始めて研究者というものを見た。 しかもあとで聞くとそれは教授という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。 この教授というのは時々我々を捕つかまえて生き血を吸うという話である。 しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。 ただ彼の研究室に入れられてスーと持ち上げられた時何だかモヤモヤした感じがあったばかりである。 研究室の中で少し落ちついて教授の顔を見たのがいわゆる人間というものの見始めであろう。 この時妙なものだと思った感じが今でも残っている。 第一笑顔をもって装飾されべきはずの顔がのっぺりしてまるで機械だ。 その後白谷にもだいぶ逢ったがこんな片輪には一度も出会でくわした事がない。 のみならず人格の真中があまりに鬱屈している。 そうしてその興味の中から時々延々と説教をたれる。 どうもくどくて実に弱った。これが教授の読む論文というものである事はようやくこの頃知った。

以下、研究内容

  

アルミ電解コンのカソード材料のHOMO-LUMO

代数の基礎

導電性高分子に添加剤加えたときのインピーダンス

導電性高分子のSEM-EDX分析with鈴木君

表面修飾コンデンサの濡れ性と静電容量の観察with後藤君(要認証)

PVDFの誘電率評価with鈴木君、今井君(要認証)

How to make 洗濯ばさみ画鋲セル

EGとGBLの電気伝導性についてwith鈴木君、メンディ2号(要認証)

導電性高分子固体電解コンデンサの耐電圧と漏れ電流with今井君、阿部さん、鈴木君、後藤君(要認証)

     

アノード酸化時に観察される火花放電

動画を再生するにはvideoタグをサポートしたブラウザが必要です。

Al(anode) | アジピン酸アンモニウム水溶液 | SUS304(Cathode)

DC約200V、電流30mA、電極面積約8cm2

アノード酸化被膜に局所的な高い電場がかかると 電子雪崩により絶縁破壊が起こる。 その結果、アノード酸化は火花放電となり、 その火花放電を起こす火花電圧より高い電圧では進行しない。

参考文献

永田伊佐也. 電解液陰極アルミニウム電解コンデンサ. 第2版,日本蓄電器工業,1997,706p(280).