HOME 教育状況公表 本日
⇒#1660@講義;

  アルカリマンガン乾電池

伊藤 智博、立花 和宏、仁科 辰夫
/amenity/Laboratory/C1/Ncv.aspx?vol=27

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004〜) の単元です。 この講義(アルカリマンガン乾電池)の親単元は 一次電池―乾電池など です。

初版

1次電池電解液水酸化カリウム1)水溶液使った乾電池

アルカリマンガン乾電池2)

アルカリマンガン乾電池

亜鉛水酸化カリウム酸化マンガン炭素材料

正極活物質3)は酸化力の強い酸化マンガンW酸化マンガン(W)4)

負極は水素過電圧の大きい亜鉛

Zn<->Zn(2+)Zn⇔Zn(2+):亜鉛の酸化還元5)

電解液6)水酸化カリウム

おやまだは2002年にそれまでの研究湿式太陽電池組み合わせた自己充電可能なアルカリ電池とそのインターネ対応評価システム開発いうテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した湿式太陽電池を組み合わせた自己充電可能なアルカリ電池とそのインターネット対応評価システムの開発7)

すずきは1997年にそれまでの研究アルカリマンガン乾電池太陽電池よる充電再利用についてというテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業したアルカリマンガン乾電池の太陽電池による充電再利用について8)

かねこは1996年にそれまでの研究乾電池太陽電池ハイブリドシステム開発いうテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した乾電池と太陽電池のハイブリッドシステムの開発9)

いながわひろむは1996年にそれまでの研究電池の充放電時における交流インピーダンス測定いうテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した電池の充放電時における交流インピーダンスの測定10)

なかぞのは1995年にそれまでの研究アルカリ水溶液中における酸化マンガン充放電挙動と測定システム改良というテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業したアルカリ水溶液中における二酸化マンガンの充放電挙動と測定システムの改良11)

立花和宏…らは1995年に京都府京都市下京区で開催された第36回電池討論会においてアルカリ水溶液中における酸化マンガン放電及ぼす温度の影響について報告しているアルカリ水溶液中における二酸化マンガンの放電に及ぼす温度の影響12)

ひとみは1990年にそれまでの研究Ca2-xLxMn3O8(L:Sr,Ba.Y,La)正極するアルカリ電池いうテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業したCa2-xLxMn3O8(L:Sr,Ba.Y,La)を正極とするアルカリ電池13)

関連講義

無機分析化学応用実験,酸化マンガン還元アルカリ乾電池二酸化マンガンの還元(アルカリ乾電池)14)

エネルギー変換化学特論,電気エネルギー物質〜電池の系譜〜電気エネルギーと物質〜電池の系譜〜(2011_H23)15)

ピカッとさいえんす,宇宙に行った電池16)

電池、センサー17)

関連書籍

生活便利にした一次電池の特徴と使い道

マンガン乾電池
アルカリ乾電池
ケル一次電池
酸化銀電池
酸化マンガンリチウム電池
空気電池
海水電池

よくわかる電池目次1)


(1 > よくわかる電池(目次)
三洋電機(株), よくわかる電池, 日本実業出版, (2006).

出典:
生活を便利にした一次電池
(三洋電機(株). よくわかる電池. 日本実業出版社, . ) 18)

電池はこうして生まれてきた

図解電池のはなし目次1)
(1 > 【図解】電池のはなし(目次)
池田宏之助・武島源二・梅尾良之, 【図解】電池のはなし, 日本実業出版社, (1996).

出典:
電池はこうして生まれ
(池田宏之助・武島源二・梅尾良之. 【図解】電池のはなし. 日本実業出版社, . ) 19)

一次電池1)二次電池2次電池


製品リチウムイオン二次電池2)

関連講義
卒業研究-電気化学2004,電池3)
押さえておきたい!リチウムイオン電池の電気化学と重要なポイント,電気回路電池4)

動画5)
ピカッとさいえんす宇宙へ行った電池
http://c1.yz.yam…

関連書籍
電池6)
電池7)
電池の歴史から電池の仕組みが見えてくる8)
一次電池のしくみ9)
よくわかる電池目次10)
図解電池のはなし目次11)
電池エネルギー12)


リチウムイオン二次電池製品.

緒言(C > 製品調査 > エネルギ > 電池,エネルギーデバイス
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).

 > 電気回路と電池,
立花 和宏,押さえておきたい!リチウ, 講義ノート, (2012).

ピカッと > 宇宙に行った電池,ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2012).

(1 > 一次電池
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録, 数研出版, , (1998).
(2リチウムイオン二次電池製品.
(3緒言(C > 製品調査 > エネルギ > 電池,エネルギーデバイス
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).
(4 > 電気回路と電池,
立花 和宏,押さえておきたい!リチウ, 講義ノート, (2012).
(5ピカッと > 宇宙に行った電池,ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2012).
(6物質の変 > 電池1
実教出版, サイエンスビュー化学総合資料, 実教出版, , (2005).
(7 > 電池
竹内敬人ほか, ダイナミックワイド図説化学, 東京書籍, , (2003).
(8 > 電池の歴史から電池の仕組みが見えてくる
三洋電機(株), よくわかる電池, 日本実業出版社, , (2006).
(9 > 一次電池のしくみ
池田宏之助・武島源二・梅尾良之, 【図解】電池のはなし, 日本実業出版社, , (1996).
(10 > よくわかる電池(目次)
三洋電機(株), よくわかる電池, 日本実業出版社, , (2006).
(11 > 【図解】電池のはなし(目次)
池田宏之助・武島源二・梅尾良之, 【図解】電池のはなし, 日本実業出版社, , (1996).
(12 > 電池とエネルギー
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 丸善, , (2012).

出典:
電池
(数研出版編集部. 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録. 数研出版, . ) 20)
電池の科学 : 生物電池から太陽電池まで目次

電池静かなる力持ちの誕生
電池の群像1)
”ぶらっくぼっくす”内の元素
電池とつきあうテクニ
未来社会バイプレーヤーたち

(1 > 電池の群像
橋本尚著, 電池の科学 : 生物電池から太陽電池まで, 講談社, (1987).

出典:
電池の科学 : 生物電池から太陽電池まで(目次)
(橋本尚著. 電池の科学 : 生物電池から太陽電池まで. 講談社, . ) 21)
物質の変化

酸化還元滴定
金属イオン化傾向 電位差 標準電極電位
電池 起電力
電池
電気分解 電気量
電気分解 電解精錬

サイエンスビュー化学総合目次1)
(1 > サイエンスビュー化学総合(目次)
実教出版, サイエンスビュー化学総合資料, 実教出版, (2005).

出典:
物質の変化
(実教出版. サイエンスビュー化学総合資料. 実教出版, . ) 22)

電池群像

電池諸子どこで分けるか
電池名称から素性読む
JIS番号は何示すか
電池相互乗り入れはどこまでできるか
テリーセルどう違うか
マンガン乾電池
アルカリ電池アルカリマンガン乾電池
アルカリボタン電池
酸化銀電池
水銀電池
空気電池
リチウム電池
リチウム電池1)
鉛蓄電池
ケルカドミウム電池

電池科学 : 生物電池から太陽電池まで目次2)
(1リチウムイオン二次電池−材料と応用−(目次)
芳尾真幸、小沢昭弥, リチウムイオン二次電池−材料と応用−第二版, 日刊工業新聞社, (1996).
(2電池の科学 : 生物電池から太陽電池まで(目次)
橋本尚著, 電池の科学 : 生物電池から太陽電池まで, 講談社, (1987).

出典:
電池の群像
(橋本尚著. 電池の科学 : 生物電池から太陽電池まで. 講談社, . ) 23)

電気化学

電気化学の歴史

18世紀1)

1791ガルバニ電池

1800ボルタ電池

19世紀2)

1833ファラデー電気分解の法則

1839グローブ燃料電池発見

電気化学の基礎

電極界面モデル

電解の化学

エネルギー貯蔵電気化学

鉛電池

酸素過電圧水素化電圧が大きい

燃料電池電気化学

太陽電池

最新工業化学持続的社会に向けて目次

最新工業化学持続的社会に向けて目次

工業化学の新しい動向1)
無機薬品・材料化学2)
電気化学3)
石炭化学・炭素材料4)
石油精製・石油化学5)
高分子化学6)
有機ファインケミカルズ7)
生物化学8)
持続可能な社会づくり9)


出典:
最新工業化学―持続的社会に向けて―(目次)
(野村正勝・鈴鹿輝男. 最新工業化学―持続的社会に向けて―. 講談社サイエンティフィク, . ) 3)


出典:
電気化学
(野村正勝・鈴鹿輝男. 最新工業化学―持続的社会に向けて―. 講談社サイエンティフィク, . ) 24)

直流回路
出典:
直流回路
(数研出版編集部. 視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録. 数研出版, p.94. ) 25)

http://www.baj.o…

測定装置20130419検討中には電池どれでもライト(BF-BM10-W,Panasonic)用いた電池がどれでもライト26)

アルカリマンガン乾電池
アルカリ水溶液中における二酸化マンガンの放電に及ぼす温度の影響
電池がどれでもライト

関連の展示品

参考文献書籍論文URL

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> アルカリマンガン乾電池 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004〜) <a/a> 講義ノート, 2007. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1660'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1660 </a> ,  (参照 <time datetime="2018-10-22">2018-10-22</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1660

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3753
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2018 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.