HOME 教育状況公表 本日
⇒#1297@講義;

  二酸化マンガンの還元(アルカリ乾電池)

https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/52255/52255.asp

この 講義 無機・分析化学応用実験 の単元です。 この講義(二酸化マンガンの還元(アルカリ乾電池))の親単元は 表面加工とエネルギー変換 です。

初版
製品発光ダイオード明るく長持ちアルカリマンガン乾電池
正極活物質として電解酸化マンガン用いる活物質30mgにグラファイト30mg良く混ぜテフロン分散液専用駒込めピペ23滴加えて乳鉢上で良く混練しラバー状とし正極合剤とする正極集電体としてケルNi用いこの集電体の先端に正極合材落ちないようになすりつけて試料電極とする電解液9M KOH5mLビーカー入れ対極に亜鉛Zn用いて電池作成するこの電池2個直列繋ぎにし並列繋ぎにした発光ダイオード点灯させ時間もに電圧がどのように変化するか記録するアルカリ眼に入ると失明の恐れがあるので保護眼鏡など着用して実験する
Ni/MnO2,C/KOH/Zn

?設問取り出せたエネルギーは何Jか? それは活物質の量に対して何%か?
?設問実用化されている電池の種類とそれらの電池利用する工業製品あげよ

   
正極合材の調整左図 電解セル中央図 点灯したLED右図

試料
活物質二酸化マンガン(正極活物質&タンタル電解コンデンサカソード)1)二酸化マンガン(IC21)
導電助材カーボン材料2)グラファイト KS-15 (フコク提供)3)
集電体ケルメシュ100meshニッケルメッシュ(100mesh)4)
電解液水酸化カリウム5)
負極亜鉛Zn⇔Zn(2+):亜鉛の酸化還元6)
コンポジット電極7)

基礎
電気分解8)電池とエネルギー9)

関連講義
卒業研究-電気化学2004,アルカリマンガン乾電池10)
ピカッとさいえんす,宇宙に行った電池11)

物理量電池容量 Q 〔mA・h

実験方法 > 材料&試 > 活物質 > 正極活物 > 二酸化マンガン(正極活物質&タンタル電解コンデンサカソード),正極活物質
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

実験方法 > 材料&試 > カーボン材料,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

実験方法 > 電極 > コンポジット電極,電極
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

電流と電 > 電気分解,電流と電圧の測定
遠藤 昌敏,無機・分析化学基礎実験, 講義ノート, (2006).

緒言(C > 製品調査 > エネルギ > 電池 > 一次電池 > アルカリマンガン乾電池,一次電池―乾電池など
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

ピカッと > 宇宙に行った電池,ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2012).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> 二酸化マンガンの還元(アルカリ乾電池) </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=9230'> 無機・分析化学応用実験 <a/a> 講義ノート, 2007. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1297'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1297 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-9-23">2019-9-23</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1297

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.