🏠
🌡️ 📆 令和4年11月26日
⇒#309@講義;

👨‍🏫 0001.0002.0001.  電池


卒業研究(C1-電気化学2004~) では、 「 エネルギーデバイス(電池やキャパシタ) 」 の中で、 「電池」について 述べられています ⇒#309@講義;。

📆 初版
電池の種類、構造などについて講義します電池1)。性能を表す尺度として、起電力、電池容量、電池容量密度、エネルギー密度などがありますJIS.C―電子機器及び電気機械2)。

電池は電池式で表記します。

正極:
集電体集電体(集電子)3)
負極:

起電力E〔V〕:3~4V
電圧降下VIR〔V〕
内部抵抗R〔Ω〕インピーダンスZ〔Ω〕:
電池容量Q〔mA・h〕:活物質の物質量に依存。
電池容量密度Q〔mA·h/g〕
エネルギー密度E〔J/kg〕

電気の移動と物質の移動4)

一次電池:乾電池、オキサライド電池、酸化銀電池などがあります。

おやまだ湿式太陽電池を組み合わせた自己充電可能なアルカリ電池とそのインターネット対応評価システムの開発5)

【関連講義】
卒業研究(C1-電気化学2004~),測定と評価6)
集電体に求められる電気化学特性,電解質(電解液)を使った電池の種類電解質(電解液)を使った電池の種類7)
エネルギー変換化学特論,電気エネルギーと物質~電池の系譜~電気エネルギーと物質~電池の系譜~(2011_H23)8)

【動画】宇宙に行った電池9)
ピカッとさいえんす「宇宙へ行った電池」
http://c1.yz.yam…

【参考文献】
【図解】電池のはなし(目次)【図解】電池のはなし(目次)10)
電池11)
電池とエネルギー12)

【関連科目】
仁科先生の工場見学ルポ13)
リチウムイオン二次電池の正極集電体14)
化学エネルギーから電気エネルギー(鉛蓄電池、リチウムイオン二次電池)15)
電気化学16)
電池工業会17)

【製品】コイン電池18)

電池製品.

規格と標 > ï¼ªï¼©ï¼³ï¼ˆ > ï¼ªï¼©ï¼³ï¼Žï¼£â€•é›»å­æ©Ÿå™¨åŠã³é›»æ°—機械,JIS(日本工業規格)
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).

実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > é›†é›»ä½“(集電子),材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

特になし > é›»æ± ã®èµ· > äºˆå‚™å®Ÿé¨“ > é›»æ°—の移動と物質の移動,予備実験
遠藤 昌敏,無機・分析化学応用実験, 講義ノート, (2006).

実験方法 > æ¸¬å®šã¨è©•ä¾¡,実験方法(C1)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

 > é›»è§£è³ªï¼ˆé›»è§£æ¶²ï¼‰ã‚’使った電池の種類,
立花 和宏,集電体に求められる電気化, 講義ノート, (2005).

エネルギ > ã€ï¼’01 > é›»æ°—エネルギーと物質~電池の系譜~(2011_H23),【2011年(平成23)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).

ピカッと > å®‡å®™ã«è¡Œã£ãŸé›»æ± ,ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2012).

エネルギ > åŒ–学エネルギーから電気エネルギー(鉛蓄電池、リチウムイオン二次電池),エネルギー変換化学@2006
立花 和宏,エネルギー変換化学, 講義ノート, (2006).

高等学校 > é«˜æ ¡å·¥æ¥­ > å·¥æ¥­ä¼šï¼† > é›»æ± å·¥æ¥­ä¼š,工業会&工業関連協会
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

コイン電池製品.

(1電池製品.
(2規格と標 > ï¼ªï¼©ï¼³ï¼ˆ > ï¼ªï¼©ï¼³ï¼Žï¼£â€•é›»å­æ©Ÿå™¨åŠã³é›»æ°—機械,JIS(日本工業規格)
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).
(3実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > é›†é›»ä½“(集電子),材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(4特になし > é›»æ± ã®èµ· > äºˆå‚™å®Ÿé¨“ > é›»æ°—の移動と物質の移動,予備実験
遠藤 昌敏,無機・分析化学応用実験, 講義ノート, (2006).
(5湿式太陽電池を組み合わせた自己充電可能なアルカリ電池とそのインターネット対応評価システムの開発
小山田 博文, 山形大学  ç‰©è³ªåŒ–学工学科, 卒業論文 (2002).
(6実験方法 > æ¸¬å®šã¨è©•ä¾¡,実験方法(C1)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(7 > é›»è§£è³ªï¼ˆé›»è§£æ¶²ï¼‰ã‚’使った電池の種類,
立花 和宏,集電体に求められる電気化, 講義ノート, (2005).
(8エネルギ > ã€ï¼’01 > é›»æ°—エネルギーと物質~電池の系譜~(2011_H23),【2011年(平成23)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).
(9ピカッと > å®‡å®™ã«è¡Œã£ãŸé›»æ± ,ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2012).
(10 > ã€å›³è§£ã€‘電池のはなし(目次)
池田宏之助・武島源二・梅尾良之, 【図解】電池のはなし, 日本実業出版社, , (1996).
(11 > é›»æ± 
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録, 数研出版, , (1998).
(12 > é›»æ± ã¨ã‚¨ãƒãƒ«ã‚®ãƒ¼
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 丸善, , (2012).
(13仁科先生の工場見学ルポ,データベースアメニティ研究所スペシャルコース,etc,データベースアメニティ研究所,山形大学
仁科 辰夫,シラバス-山形大学, (2015).
(14リチウムイオン二次電池の正極集電体,,etc,,
立花 和宏,シラバス-, (2013).
(15エネルギ > åŒ–学エネルギーから電気エネルギー(鉛蓄電池、リチウムイオン二次電池),エネルギー変換化学@2006
立花 和宏,エネルギー変換化学, 講義ノート, (2006).
(16電気化学,機能高分子工学科(Bコース),etc,機能高分子工学科,山形大学
仁科 辰夫,シラバス-山形大学, (2015).
(17高等学校 > é«˜æ ¡å·¥æ¥­ > å·¥æ¥­ä¼šï¼† > é›»æ± å·¥æ¥­ä¼š,工業会&工業関連協会
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(18コイン電池製品.

関連の展示品

◇ 参考文献( 書籍 ・雑誌 ・URL )


✏ 平常演習 Web Class

✏ 課外報告書 Web Class



<h2 id='yznl309' > <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=309'> ◇ </a> <a href='http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/'> 電池 </a> </h2>

<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> . <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=309'> <q><cite> 電池 </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2005.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=309'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=309 </a> ,  (参照 <time datetime="2022-11-26">2022-11-26</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=309


このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.