🏠
🌡️ 📆 令和4年12月3日
⇒#731@講義;

👨‍🏫   予備実験


無機・分析化学応用実験 では、 「 電池の起電力と分解電圧 」 の中で、 「予備実験」について 述べられています ⇒#731@講義;。

📆 初版
■予備実験 ~イントロダクション~ 9
平衡論と速度論

シャーレに水道水で濡らしたろ紙を置き、その上に1円、5円、10円、50円、100円、500円‥‥の硬貨を並べる。電圧計で1円と5円、1円と10円、5円と100円、‥‥のように全ての組み合わせで電圧を測り、もっとも電圧が高くなる組み合わせともっとも電圧が低くなる組み合わせを調べる。水道水の替わりにサラダオイルを使って同様の実験を試みる。もっとも電圧の高かった組み合わせをコイン電池として発光ダイオードが点灯できるまで直列に繋ぎ、その点灯時の電圧(動作電圧)を測定する。また同じ個数を直列に繋いだ状態で、発光ダイオードを点灯させないときの電圧(開回路電圧)を測定する。動作電圧が開回路電圧に比べて低いことを確認する。

電圧計の当て方(左図)  コインの並べ方(中央図)  ボルタ電池(右図)

?設問:コインの電位の順番はどうなっているか? 水道水の代わりにサラダオイルを用いた場合、なぜそのような結果になったか?
?設問:2V位の電圧でも直接コイン電池で発光ダイオードを点灯できないのはなぜか? また同じ電圧もエレクトロメータを用いると発光ダイオードを点灯できるのはなぜか?


電気の移動と物質の移動 10
鉄の腐食と不働態化 11
2007(平成19)年度―無機実験1)

【関連講義】科学ゼミⅡ,コイン―もっとも身近な金属2)

2007(平成19)年度―無機実験,
遠藤 昌敏, 無機・分析化学応用実験, 講義ノート, (2008).

コイン―もっとも身近な金属,太陽電池、染料、コイン、スピーカー
泉 多恵子, 科学ゼミⅡ, 講義ノート, (2007).

(12007(平成19)年度―無機実験,
遠藤 昌敏, 無機・分析化学応用実験, 講義ノート, (2008).
(2コイン―もっとも身近な金属,太陽電池、染料、コイン、スピーカー
泉 多恵子, 科学ゼミⅡ, 講義ノート, (2007).

関連の展示品

◇ 参考文献( 書籍 ・雑誌 ・URL )


✏ 平常演習 Web Class

✏ 課外報告書 Web Class



<h2 id='yznl731' > <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=731'> ◇ </a> <a href='/amenity/Knowledge.asp?DSN=ElectroChem&nKnowledgeID=2179'> 予備実験 </a> </h2>

<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> . <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=731'> <q><cite> 予備実験 </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=9230'> 無機・分析化学応用実験 <a/a> 講義ノート, 2006.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=731'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=731 </a> ,  (参照 <time datetime="2022-12-3">2022-12-3</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=731


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.