HOME 教育状況公表 本日
⇒#3263@講義;

0005.  電池の内部抵抗と過電圧(2011_H23)

立花和宏
/amenity/~host/yz/c1/Education/Energy.asp

この 講義 電気化学特論 の単元です。 この講義(電池の内部抵抗と過電圧(2011_H23))の親単元は 【2011年(平成23)エネ変】 です。

初版
負極プロトン電子受け取り水素が発生します正極では水酸化物イオン電子放出して酸素と水が発生します電子還元

電池の内部抵抗が大きくなると過電圧大きくなり同じトオフ電圧容量減ってしまいます

物理量溶液抵抗RΩ電圧降下VIRV電極面積A電極間距離dm過電圧ηV内部抵抗RΩ接触抵抗率ρcΩ·m²カットオフ電圧VV

水素 酸素 水電解

計算電池の最大出力1)

関連講義
無機分析化学応用実験,分解電圧 ~速度論的取り扱い2)
エネルギー変換化学特論,電気二重層と界面3)

関連書籍
固体表面4)

プロ電圧―電流曲線5)
講義ノート電池の内部抵抗と過電圧6)


特になし > 電池の起 > 分解電圧 ~速度論的取り扱い,電池の起電力と分解電圧
遠藤 昌敏,無機・分析化学応用実験, 講義ノート, (2006).

エネルギ > 【200 > 第4講  > 電気二重層と界面,第4講 キャパシタと電池、電気二重層と界面、帯電と分散
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2009).

 > 電池の内部抵抗と過電圧,
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2015).

(1電池の最大出力, (計算).
(2特になし > 電池の起 > 分解電圧 ~速度論的取り扱い,電池の起電力と分解電圧
遠藤 昌敏,無機・分析化学応用実験, 講義ノート, (2006).
(3エネルギ > 【200 > 第4講  > 電気二重層と界面,第4講 キャパシタと電池、電気二重層と界面、帯電と分散
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2009).
(4 > 固体表面
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, , (1998).
(5電圧―電流曲線,電圧,電流, (プロット).
(6 > 電池の内部抵抗と過電圧,
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2015).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> 電池の内部抵抗と過電圧(2011_H23) </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11208'> 電気化学特論 <a/a> 講義ノート, 2011. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3263'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3263 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-6-19">2019-6-19</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3263

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.