⇒#8061

2次電池

電池充電可能な電池充電時にもとに戻る電池般に負極に金属の溶解反応使うと形態まで可逆にする析出反応は難しくなりますそのため負極活物質としてはアノード動作時に水酸化物として析出するカドミウム1)硫酸塩して析出する2)使われますリチウム塩と有機電解液使った系ではこの課題解決するのに炭素のインターカレーション反応使って実用化しました開発された当初は電灯線がなく他の電池充電したことから電池呼ばれるようになりました

関連書籍
電池3)
電池4)
電池5)
電池の歴史から電池の仕組みが見えてくる6)
電池のしくみ7)
よくわかる電池目次8)
図解電池のはなし目次9)
電池エネルギー10)

(1カドミウムCd, = 112.41 g/mol, (化学種).
(2LeadPb, = 207.2 g/mol, (化学種).
(3 > 電池
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録, 数研出版, (1998).
(4物質の変 > 電池1
実教出版, サイエンスビュー化学総合資料, 実教出版, (2005).
(5 > 電池
竹内敬人ほか, ダイナミックワイド図説化学, 東京書籍, (2003).
(6 > 電池の歴史から電池の仕組みが見えてくる
三洋電機(株), よくわかる電池, 日本実業出版社, (2006).
(7 > 一次電池のしくみ
池田宏之助・武島源二・梅尾良之, 【図解】電池のはなし, 日本実業出版社, (1996).
(8 > よくわかる電池(目次)
三洋電機(株), よくわかる電池, 日本実業出版社, (2006).
(9 > 【図解】電池のはなし(目次)
池田宏之助・武島源二・梅尾良之, 【図解】電池のはなし, 日本実業出版社, (1996).
(10 > 電池とエネルギー
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 新星社, (1990).