HOME 教育状況公表 令和4年8月15日

フーリエ変換

87 🖱 時間領域(左)と周波数領域(右)

下記の制御スライダーをドラッグして、交流の大きさと周波数を変えてみましょう。

制御と結果
振幅 A
周波数 fHz〕 :
0

フーリエ変換は、時間軸の横軸を、周波数軸の横軸に変換する計算手法です。 正弦波の 振幅 と 周波数を計算します。

おおかたの場合は、フーリエ変換の基底関数は正弦波です。 その場合、フーリエ変換によって正弦波を時間領域から周波数領域へ変換すると、単一の周波数でのつデルタ関数になります。 数学的に厳密な話をすることが目的でないので、大雑把なイメージはグラフィックスの通りです。

14.エネルギー変換特論

マイクテストとフーリエ変換

🎤マイク
84
交流の大きさと周波数(正弦波の振幅)
©K. Tachibana
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/56307/_14/Amplitude.asp

デジタルフーリエ変換(DFT)の応用の歴史

  1 デジタルフーリエ変換(DFT)の応用の歴史
**
年代方法
1811 フーリエ変換
1957 二重積分ADC 数値計算へ
1965 FFT *1 *2
1970~フーリエ変換赤外分光法
1970~X線CTスキャン
1970~FRA *
1972 デジタル録音 (13bit・47.25kHz)
1981 ビデオ用ADC (8bit,30MHz)
1995~jpeg画像 *
1995~mp3音声 *
1999 ADSL(50.5Mbps) *
1999 2004gメール(15Gbyte) *
2006~第三次AIブーム *
09.情報処理概論 09.エネルギー化学 1210 時間領域と周波数領域

133
RC直列回路の過渡応答
©
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/56307/_14/TimeTransientRCs.asp
TimeRCp
情報処理概論 機能界面設計工学特論 明日からやろう インピーダンス測定から解析まで
山形大学大学院 理工学研究科
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
C1ラボラトリー
准教授 伊藤智博 0238-26-3753
http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/
c1@gp.yz.yamagata-u.ac.jp

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/56307/_14/Fouriertransform.asp


このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.