量子化によるノイズ

元の信号(左)と量子化された信号(右)

下記の制御スライダーをドラッグして、量子化の程度を変えてみましょう。

制御と結果
振幅 A
周波数 fHz〕 :
ビット :
サンプリング間隔 :

ダイナミックレンジが大きく、分解能が小さいと、 振幅 が小さいとき誤差が増えます。

交流の大きさ
情報処理概論 機能界面設計工学特論 明日からやろう インピーダンス測定から解析まで

山形大学大学院 理工学研究科
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
C1ラボラトリー
准教授 伊藤智博 0238-26-3753
http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/
c1@gp.yz.yamagata-u.ac.jp

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/56307/_14/Quantization.asp

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2020 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.