HOME 教育状況公表 本日
⇒#4015@講義;

0011.  高分子材料~リチウム電池のバインダーやセパレータの働き~

立花和宏
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/56307/56307_11.asp

この 講義 電気化学特論 の単元です。 この講義(高分子材料~リチウム電池のバインダーやセパレータの働き~)の親単元は (null) です。

初版

材料

有機材料

プラスチック

ポリビニルアルコールビヒクルプライマー

導電性高分子と固体電解コンデンサ

PE1)

高分子系の界面活性剤・分散剤・乳化剤2)

ラミネートパッケージ

プライマー

セパレータ変色しない

バインダ

増粘剤ヒビクル

光沢 透明 防湿性 ガスバリア酸素バリア  滑り 耐油性耐溶剤性 耐水性 印刷適性 膨潤 溶解 分散性3)

物理量

分子量分布 x 〔

数平均分子量 Mn 〔

重量平均分子量 Mw 〔

臨界ミセル濃度 x 〔

クラフト点 Tk 〔K

ゼータ電位 ζ 〔V

粘度 η 〔Pa・s

 主な合成高分子化合物とその性質

関連講義

卒業研究-電気化学2004,バインダ4)

エネルギー変換化学特論,溶剤系バインダーと水系バインダー5)

リチウムイオン次電池の高速充放電化と制御技術,電極スラリー調整と塗布・乾燥・プレスと電池の高速充放電化6)

電極スラリーの調整と塗布・乾燥と電極動作の理解7)

関連シラバス

リチウムイオン電池バインダーについて~PTFEの特徴~8)

最新リチウムイオン二次電池―バインダ9)

関連講義リチウムイオン次電池とその材料,リチウムイオン二次電池とその材料10)

テキスト

高分子と分子集団
合成高分子と生体高分子
形と大きさの決定
構造モデルランダムコイル
構造モデルポリペプチドポリヌクレオチド
高分子の機械的性質
中間相と分散系
液晶
分散系の分類
表面構造とその安定性
電気二重層

液晶 コロイド 分散 ゾル エアロゾル 親水コロイド 疎水コロイド 親液コロイド 疎液コロイド 解膠剤 電気透析 臨界ミセル濃度1) クラフト温度2) ゼータ電位3)

アトキンス物理化学要論目次4)
(1臨界ミセル濃度( [].
(2クラフト点( [].
(3ゼータ電位(ζ potential [ボルト].
(4 > アトキンス物理化学要論(目次)第4版
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).

出典:
高分子と分子集団合成
(P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳. 物理化学要論. 東京化学同人, . ) 11)

高分子合成1)
高分子材料2)
プラスチック
繊維
ゴム
接着剤
ポリマーアロイ
複合材料
機能高分子
電気電子材料
導電性高分子 圧電性高分子 焦電性高分子
光機能材料3)
フォトレジスト電子線レジスト
分離機能材料
気体分離膜逆浸透膜イオン交換膜
生医学材料
高分子材料と環境生分解性高分子

最新工業化学持続的社会に向けて目次最新工業化学―持続的社会に向けて―(目次)4)



出典:
高分子化学
(野村正勝・鈴鹿輝男. 最新工業化学―持続的社会に向けて―. 講談社サイエンティフィク, . ) 12)

関連書籍


出典:
顔料充填ポリマーの物性
(中道敏彦. 図解入門 よくわかる顔料分散. 日刊工業新聞社, . ) 13)


出典:
バインダー
(金村聖志. 自動車用リチウムイオン電池. 日刊工業新聞社, . ) 14)

基礎電気化学プロセス
平衡系の電気化学
金属イオンの還元反応
金属の溶解腐食反応
有機化合物の酸化還元
電池電気化学エネルギー変換
電解質溶液電気化学1)
電子伝導体とイオン伝導
電解質溶液の導電率
電解質溶液の導電率測定法
界面電気化学
電気泳動
電気二重層ゼータ電位

ゼータ電位2) 電気二重層 電気泳動

電気化学測定法目次3)
(1基礎的電 > 電解質溶液の電気化学
藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著, 電気化学測定法, 技報堂出版, (1984).
(2ゼータ電位(ζ potential [ボルト].
(3 > 電気化学測定法(目次)
藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著, 電気化学測定法, 技報堂出版, (1984).

出典:
基礎的電気化学プロセス
(藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著. 電気化学測定法. 技報堂出版, . ) 15)

液晶高分子入門目次

液晶高分子入門目次
液晶編-
液晶の分類
いろいろな液晶相の構造
弾性的変形-液晶弾性論-
液晶における欠陥構造
等方相-ネマチ相転移の理論
強誘電性反強誘電性
液晶ディスプレイの物理
-高分子編-
高分子本の多様な形と性質
希薄溶液中の高分子の振舞
高分子液体の性状
高分子の相転移
高分子の混合系

ミセル 高分子液晶 低分子液晶 点群
スメクチ ネマチ
サーモトロピック液晶 リオトロピック液晶
出典:
液晶・高分子入門(目次)
(竹添秀男;渡辺順次. 液晶・高分子入門. 裳華房, . ) 16)

高分子と分子集団
合成高分子と生体高分子
形と大きさの決定
構造モデルランダムコイル
構造モデルポリペプチドポリヌクレオチド
高分子の機械的性質
中間相と分散系
液晶
分散系の分類
表面構造とその安定性
電気二重層

液晶 コロイド 分散 ゾル エアロゾル 親水コロイド 疎水コロイド 親液コロイド 疎液コロイド 解膠剤 電気透析 臨界ミセル濃度1) クラフト温度2) ゼータ電位3)

アトキンス物理化学要論目次4)
(1臨界ミセル濃度( [].
(2クラフト点( [].
(3ゼータ電位(ζ potential [ボルト].
(4 > アトキンス物理化学要論(目次)第4版
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).

出典:
高分子と分子集団合成
(P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳. 物理化学要論. 東京化学同人, . ) 17)

界面の物理化学
液体表面
固体表面
コロイド
ミセルコロイド
界面電気現象
生体

応用物理化学I-構造と物性-目次1)
(1 > 応用物理化学I-構造と物性-(目次)
鈴木啓三, 応用物理化学I-構造と物性-, 培風館, (1985).

出典:
界面の物理化学
(鈴木啓三. 応用物理化学I-構造と物性-. 培風館, . ) 18)

吸着質

無機イオン
界面活性剤
極性固体金属酸化物1)炭酸カルシウム2)
非極性固体カーボンブラックカーボン材料3)合成高分子高分子材料4)
水溶性高分子
ガス分子

ミセル

吸着の化学表面界面制御キーテクノロジー目次吸着の化学―表面・界面制御のキーテクノロジー―(目次)5)

実験方法 > 材料&試 > カーボン材料,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

(1@ > 無機材料 > 酸化物 > 金属酸化物
金属酸化物, (材料).
(2@ > 炭酸カルシウム
炭酸カルシウム, (材料).
(3実験方法 > 材料&試 > カーボン材料,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(4@ > 有機材料 > 高分子材料
高分子材料, (材料).
(5 > 吸着の化学―表面・界面制御のキーテクノロジー―(目次)
竹内節, 吸着の化学―表面・界面制御のキーテクノロジー―, 産業図書, , (1995).

出典:
吸着質
(竹内節. 吸着の化学―表面・界面制御のキーテクノロジー―. 産業図書, p.107. ) 19)

液体状態
液体の構造
液体の性質
液体の比熱
液体の粘性
表面張力1)
液体の分子運動とブラウン運動拡散係数
気体の溶解とヘンリー法則
蒸気圧降下とラウール法則
浸透圧ファントホ法則
沸点上昇と凝固点降下
液体界面
界面コロイド分散溶媒
界面活性界面活性剤洗剤
単分子膜親水性疎水性気体凝縮
液体中の分散系エマルションミセル臨界ミセル濃度サスペンション電気二重層電気泳動
ぬれ接触角2)
高分子の溶液
液晶

目次3)
現代物理化学序説 改訂版目次4)

(1表面張力(surface tension [ニュートン毎メートル].
(2接触角( [ラジアン].
(3 > 現代物理化学序説(目次)
井上 勝也 著, 現代物理化学序説 改訂版, 培風館, (198).
(4 > 現代物理化学序説 改訂版(目次)
井上 勝也 著, 現代物理化学序説 改訂版, 培風館, (198).

出典:
液体状態
(井上 勝也 著. 現代物理化学序説 改訂版. 培風館, . ) 20)

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> 高分子材料~リチウム電池のバインダーやセパレータの働き~ </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11208'> 電気化学特論 <a/a> 講義ノート, 2018. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4015'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4015 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-10-20">2019-10-20</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4015

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.