HOME 教育状況公表 本日
⇒#3357@講義;

  リチウムイオン二次電池とその材料

立花和宏
http://www.jeia.jp/ijpntop.htm

この 講義 リチウムイオン二次電池とその材料 の単元です。 この講義(リチウムイオン二次電池とその材料)の親単元は (null) です。

初版

仮題 リチウムイオン次電池とその材料

リチウムイオン次電池の構造特性使われる材料 現在の課題将来性

電池の基礎からとどのような材料原料使われているかなど材料関係有機無機系もやっているところもあります材料メーカーへの期待要望等もあればお願いしたいと思います

化石燃料の枯渇が懸念されリチウムイオン次電池に大きな期待が寄せられているほかの電池とリチウムイオン次電池との違いは?これから解決すべき課題は?その実現に材料が果たすべき役割は?それらの視点踏まえてリチウムイオン次電池概説する

日時 123日(金)のどちらか

主催電気機能材料工業

ワニス チューブ マイカ テープ フィルム 粉体 絶縁 封止樹脂

リチウムイオン次電池とその材料

リチウムイオン次電池の構造特性使われる材料 現在の課題 将来性

材料メーカー商社関係向け構成特性等の電池の基礎どのような材料原料使われているかなど材料関係特に有機系無機系もやっているところもあります材料メーカーへの期待要望等

セパレータケージタブ封止

関連講義

エネルギー変換化学特論,高分子材料リチウム電池バインダーセパレータ働き~高分子材料~リチウム電池のバインダーやセパレータの働き~(2011_H23)1)

エネルギー変換化学特論,有機材料リチウム電池有機電解液働き~有機材料~リチウム電池の有機電解液の働き~(2011_H23)2)

リチウムイオン次電池の高速充放電と電極構造について,リチウムイオン二次電池の高速充放電と電極構造について3)

関連講義卒業研究-電気化学2004,セミナー2010@C14)

関連書籍

電解液

水溶液電解液とそのための支持塩
水溶液のpH
非水溶媒特に有機溶媒の性質
有機溶媒の精製法
真空ライン用いた溶媒精製と非水電解の例
有機溶媒のための支持塩
混合溶媒

電気化学セルの構成1)
電気化学測定法目次2)
(1 > 電気化学セルの構成
藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著, 電気化学測定法, 技報堂出版, (1984).
(2 > 電気化学測定法(目次)
藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著, 電気化学測定法, 技報堂出版, (1984).

出典:
電解液
(藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著. 電気化学測定法. 技報堂出版, . ) 5)

物質の構造

物質の構成
物質と混合物
元素単体と化合物
原子の構造
電子配置
イオン
元素の周期律
イオン結合イオン結晶1)
共有結合分子2)
分子間力と分子結晶
金属結合と金属結晶
化学結合と結晶の種類
原子量分子式量
物質
化学反応式と量的関係
化学の基本法則と原子分子

関連書籍サイエンスビュー化学総合目次3)

(1物質の構 > イオン結合とイオン結晶
実教出版, サイエンスビュー化学総合資料, 実教出版, (2005).
(2物質の構 > 共有結合と分子
実教出版, サイエンスビュー化学総合資料, 実教出版, (2005).
(3 > サイエンスビュー化学総合(目次)
実教出版, サイエンスビュー化学総合資料, 実教出版, (2005).

出典:
物質の構造
(実教出版. サイエンスビュー化学総合資料. 実教出版, . ) 6)

物質の状態

物質態とその変化
物質の圧力と蒸気圧
気体の体積圧力温度
気体の状態方程式
混合気体
溶解と溶解度
気体の溶解度
沸点上昇と凝固点降下
浸透圧
コロイド溶液

出典:
物質の状態
(佐野博敏、花房昭静. 総合図説化学. 第一学習社, . ) 7)

物質の構成
物質の成分
原子の構造
電子配置と電子軌道
イオン
元素の周期律
イオン結合
分子共有結合
分子極性
金属結合と金属の結晶
化学結合のまとめ
原子量物質量
化学反応式

無極性分子 極性分子
出典:
物質の構成
(数研出版編集部. 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録. 数研出版, . ) 8)

有機電解液の溶液化学

はじめに
有機電解液の要求性能とその材料
有機電解液と電気伝導率

有機電解液について1)

リチウムイオン次電池-材料と応用-目次2)

(1 > 有機電解液について。
芳尾真幸、小沢昭弥, リチウムイオン二次電池-材料と応用-第二版, 日刊工業新聞社, (1996).
(2 > リチウムイオン二次電池-材料と応用-(目次)
芳尾真幸、小沢昭弥, リチウムイオン二次電池-材料と応用-第二版, 日刊工業新聞社, (1996).

出典:
有機電解液の溶液化学
(芳尾真幸、小沢昭弥. リチウムイオン二次電池-材料と応用-第二版. 日刊工業新聞社, . ) 9)

溶媒の性質と分類

関連書籍非水溶液の電気化学目次1)

自己プロトリシス 両性溶媒 非プロトン性溶媒
(1 > 非水溶液の電気化学(目次)
伊豆津公佑, 非水溶液の電気化学, 培風館, (1995).

出典:
溶媒の性質と分類
(伊豆津公佑. 非水溶液の電気化学. 培風館, . ) 10)

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> 立花和宏. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3357'> <q><cite> リチウムイオン二次電池とその材料 </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11213'> リチウムイオン二次電池とその材料 <a/a> 講義ノート, 2010.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3357'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3357 </a> ,  (参照 <time datetime="2020-7-13">2020-7-13</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3357

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2020 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.