HOME 教育状況公表 令和2年9月25日
⇒#2759@講義;

  リチウムイオン二次電池の高速充放電と電極構造について

http://www.jcii.or.jp/

この 講義 リチウムイオン二次電池の高速充放電と電極構造について の単元です。 この講義(リチウムイオン二次電池の高速充放電と電極構造について)の親単元は (null) です。

初版
リチウムイオン次電池の高速充放電と電極構造について
主催化学技術戦略推進機構
日時2009623 13:3018:30
会場日本ペイント 東京事業所 東京センタービル Aホール

セミナーリチウムイオン次電池の高速充放電と電極構造について1)

電池高速で放電させるには短絡すればよいそのときの短絡電流は電池の起電力と内部抵抗で決まる内部抵抗は電池構成する物質の物性だけでは決まらないむしろ電池構成する材料の形状や接続界面状態などに支配される電池高速で充電するには充電電圧上げればよいしかし過電圧大きくなると電気分解など電池の劣化や安全性妨げる望ましくない副反応が起こる内部抵抗が大きいと過電圧上昇するため高速で充電することができなくなる内部抵抗低下させるにはどのようなアプローチが有効か?特に有機電解液使うリチウムイオン次電池について議論する

電池の動作とその性能評価
1-1 電池の起電力2)
1-2 電池充電放電
1-3 電池の内部抵抗3)電圧降下4)
1-4 電池の反応と過電圧5)
1-5 レート特性
1-6 サイクル特性と安全性信頼性
内部抵抗電極抵抗溶液抵抗
電流分布と電流密度
バルクの導電率と界面の極率と電流集中
炭素導電助材バインダ6)

関連講義
卒業研究-電気化学2004,リチウムイオン次電池の正極7)
卒業研究-電気化学2004,リチウムイオン次電池8)
卒業研究-電気化学2004,電極に内在する界面9)
エネルギーデバイス内部の材料界面,エネルギーデバイスの構造と界面10)
リチウム次電池における電極スラリーの調製と塗布技術11)12)
卒業研究-電気化学2004,リチウム電池セミナー13)
リチウムイオン次電池の高速充放電化と制御技術14)

考文献
リチウムイオン次電池-材料と応用-目次15)
図解電池のはなし目次16)



【セミナー】リチウムイオン二次電池の高速充放電と電極構造について
立花和宏, 研究ノート, (2009).

リチウムイオン二次電池正極合材塗布時のバインダ中の水分とアルミニウム集電体不動態皮膜の漏れ電流
○柳沼雅章,立花和宏,仁科辰夫,平成19年度 化学系学協会東北大会, (2007).

緒言(C > 製品調査 > エネルギ > 電池 > 二次電池 > リチウム > リチウムイオン二次電池の正極,リチウムイオン二次電池
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

緒言(C > 製品調査 > エネルギ > 電池 > 二次電池 > リチウムイオン二次電池,二次電池
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

結果と考 > 考察と討 > 電極に内在する界面,考察と討論
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

エネルギ > エネルギーデバイスの構造と界面,エネルギーデバイス内部の材料界面接触とレート特性
立花 和宏,エネルギーデバイス内部の, 講義ノート, (2009).

 > リチウム二次電池における電極スラリーの調製と塗布技術,
立花 和宏,リチウム二次電池における, 講義ノート, (2009).

リチウム > 電池の動作とその性能評価,リチウム二次電池における電極スラリーの調製と塗布技術
立花 和宏,リチウム二次電池における, 講義ノート, (2009).

結果と考 > 招待講演 > リチウム電池セミナー,招待講演、セミナーなど
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

(1【セミナー】リチウムイオン二次電池の高速充放電と電極構造について
立花和宏, 研究ノート, (2009).
(2起電力(electromotive foceE [ボルト].
(3内部抵抗(Internal RegistanceR [オーム].
(4電圧降下(VIR [].
(5過電圧(over voltageη [ボルト].
(6リチウムイオン二次電池正極合材塗布時のバインダ中の水分とアルミニウム集電体不動態皮膜の漏れ電流
○柳沼雅章,立花和宏,仁科辰夫,平成19年度 化学系学協会東北大会, (2007).
(7緒言(C > 製品調査 > エネルギ > 電池 > 二次電池 > リチウム > リチウムイオン二次電池の正極,リチウムイオン二次電池
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(8緒言(C > 製品調査 > エネルギ > 電池 > 二次電池 > リチウムイオン二次電池,二次電池
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(9結果と考 > 考察と討 > 電極に内在する界面,考察と討論
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(10エネルギ > エネルギーデバイスの構造と界面,エネルギーデバイス内部の材料界面接触とレート特性
立花 和宏,エネルギーデバイス内部の, 講義ノート, (2009).
(11 > リチウム二次電池における電極スラリーの調製と塗布技術,
立花 和宏,リチウム二次電池における, 講義ノート, (2009).
(12リチウム > 電池の動作とその性能評価,リチウム二次電池における電極スラリーの調製と塗布技術
立花 和宏,リチウム二次電池における, 講義ノート, (2009).
(13結果と考 > 招待講演 > リチウム電池セミナー,招待講演、セミナーなど
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(14リチウムイオン二次電池の高速充放電化と制御技術,,etc,,
立花 和宏,シラバス-山形大学, (2009).
(15 > リチウムイオン二次電池-材料と応用-(目次)
芳尾真幸、小沢昭弥, リチウムイオン二次電池-材料と応用-第二版, 日刊工業新聞社, (1996).
(16 > 【図解】電池のはなし(目次)
池田宏之助・武島源二・梅尾良之, 【図解】電池のはなし, 日本実業出版社, (1996).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> . <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2759'> <q><cite> リチウムイオン二次電池の高速充放電と電極構造について </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11172'> リチウムイオン二次電池の高速充放電と電極構造について <a/a> 講義ノート, 2009.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2759'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2759 </a> ,  (参照 <time datetime="2020-9-25">2020-9-25</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2759

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2020 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.