HOME 教育状況公表 本日
⇒#11172@シラバス;

リチウムイオン二次電池の高速充放電と電極構造について

--  (財)化学技術戦略推進機構(JCII)
http://www.jcii.or.jp/


このシラバス10347 科目 として開講されています。


概要

セミナーリチウムイオン次電池の高速充放電と電極構造について1)
主催化学技術戦略推進機構JCII
60分?
会場日本ペイント 東京事業所 東京センタービル Aホール
日時2009623 13:3018:30

★最近のリチウムイオン電池の技術動向★
日時2009623日(火 13:3018:30
場所日本ペイント 東京事業所 東京センタービル Aホール
       〒1400004 東京都品川区南品川4-1-15
   交通のご案内
   http://www.nippo…
講演13:3017:10
(1)13:3014:40質疑応答含む
 ラミネートリチウムイオン電池の開発動向
  日本電気株式会社
    エグゼクティブエキスパート 内海 和明氏
(2)14:4015:50質疑応答含む
 イオン液体プラスチククリスタルの開発の鍵握る
 パーフルオロアニオン
  産業技術総合研究所
  ユビキタスエネルギー研究部門 蓄電デバイス研究グループ
    主任研究員 松本 
(3)16:0017:10質疑応答含む
 リチウムイオン次電池の高速充放電と電極構造について
  山形大学
  工学部 物質化学工学
    准教授 立花 和宏氏
懇親会17:1018:30  東京センタービル

卒業研究-電気化学2004,電極に内在する界面2)
エネルギーデバイス内部の材料界面,エネルギーデバイスの構造と界面3)



【セミナー】リチウムイオン二次電池_JCII@東京
立花 和宏, 研究ノート, (2009).

結果と考 > 考察と討 > 電極に内在する界面,考察と討論
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

エネルギ > エネルギーデバイスの構造と界面,エネルギーデバイス内部の材料界面接触とレート特性
立花 和宏,エネルギーデバイス内部の, 講義ノート, (2009).

(1【セミナー】リチウムイオン二次電池_JCII@東京
立花 和宏, 研究ノート, (2009).
(2結果と考 > 考察と討 > 電極に内在する界面,考察と討論
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(3エネルギ > エネルギーデバイスの構造と界面,エネルギーデバイス内部の材料界面接触とレート特性
立花 和宏,エネルギーデバイス内部の, 講義ノート, (2009).

課題

関連URL

参考文献( 書籍雑誌URL )



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11172

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2020 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.