HOME 教育状況公表 本日
⇒#4016@講義;

  電池のバインダーの選び方

立花和宏, 仁科辰夫
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/56307/56307_11.asp

この 講義 電気化学特論 の単元です。 この講義(電池のバインダーの選び方)の親単元は 高分子材料~リチウム電池のバインダーやセパレータの働き~ です。

初版

バインダーの選び方

内部抵抗 R 〔Ωが小さい過充電に強いれないこんなとこですかポリフッ化ビニリデン1)NMPは選ばれて生き残ってきただけあっていいバインダーすな極性のあるバインダー電気感受率 x 〔が大きいのでアルミニウムの不動態皮膜の絶縁性増して高電圧でも副反応抑制するわけです

 高分子材料の結晶化
©Copyright 2018 Takahiro SuzukiC1 Laboratory all rights reserved.

材料KFポリマーL#1120(PVDF+NMP)

物理量誘電率 ε 〔F/m緩和時間 tr 〔s誘電率 ε 〔F/m双極子モーメント μ 〔D誘電損失 tanδ 〔

関連講義

卒業研究-電気化学2004,バインダ2)

卒業研究-電気化学2004,溶剤バインダーPVdF溶剤系バインダー(PVdF)3)

関連書籍


出典:
バインダー
(金村聖志. 自動車用リチウムイオン電池. 日刊工業新聞社, . ) 4)

機能性高分子

電気電子材料

イオン伝導高分子材料
電子伝導高分子材料

圧電性高分子


機能材料
ホトレジスト 電子線レジスト
分離機能材料

イオン交換膜

印刷 半導体 集積回路


出典:
機能性高分子
(野村正勝・鈴鹿輝男. 最新工業化学―持続的社会に向けて―. 講談社サイエンティフィク, p.158. ) 5)

電気的物性
電子伝導
化学結合エネルギーバンド構造
導電メカニズム
バンド構造ピング伝導金属半導体転移
格子欠陥不定比性化合物

複合系および接合系における電子電動
イオン伝導
誘電性
強誘電性
圧電性焦電性
出典:
電気的物性
(堂山昌男・山本良一. セラミック材料. 東京大学出版会, . ) 6)

正極集電体/水系バインダーの接触とリチウムイオン二次電池の信頼性7)

墨汁の作り方みたいなものです

墨汁

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> 電池のバインダーの選び方 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11208'> 電気化学特論 <a/a> 講義ノート, 2012. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4016'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4016 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-6-20">2019-6-20</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4016

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.