⇒#499@物理量;

双極子モーメント



双極子モーメントの大綱となる 物理量は、双極子モーメントです。

電気双極子の大きさ位置の関数でベクトル量です極性関与します極性分子は分子の永久双極子モーメントある分子です

アンモニア1)

材料NMP2)

物理量誘電率3)

関連講義
エネルギー変換化学特論,共有結合共有結合結晶電気流れ方4)
溶媒&分散媒5)

関連書籍
色々の場合の電場6)
吸着質7)
分子の構造と化学結合8)
電気双極子モーメント9)



エネルギ > 【201 > セラミッ > 共有結合、共有結合の結晶での電気の流れ方,セラミックス材料~正極活物質と導電助材の働き~(2011_H23)
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).

実験方法 > 材料&試 > 溶媒&分散媒,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

(1アンモニアNH3, = 17.03052 g/mol, (化学種).
(2@ > 溶媒 > NMP
NMP, (材料).
(3誘電率 ε / F/m.
(4エネルギ > 【201 > セラミッ > 共有結合、共有結合の結晶での電気の流れ方,セラミックス材料~正極活物質と導電助材の働き~(2011_H23)
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).
(5実験方法 > 材料&試 > 溶媒&分散媒,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(6 > 色々の場合の電場
ファインマン、レイトン、サンズ/宮島龍興, ファインマン物理学3―電磁気学, 岩波書店, , (1971).
(7 > 吸着質
竹内節, 吸着の化学―表面・界面制御のキーテクノロジー―, 産業図書, p.107, (1995).
(8 > 分子の構造と化学結合
井上 勝也 著, 現代物理化学序説 改訂版, 培風館, , (198).
(9分子間相 > 電気双極子モーメント
Peter Atkins・Julio de Paula/千葉秀明・稲葉章訳, アトキンス物理化学要論 第5版, 東京化学同人, p.345, (2012).

双極子モーメントを求める計算式

双極子モーメントの細目となる 物理量

化学種 の双極子モーメント

材料 の双極子モーメント

<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Physics/Quantity/@Quantity.asp?nQuantityID=499'>双極子モーメント</a><a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Physics/Quantity/@Quantity.asp?nQuantityID=499'> <var>μ</var></a>〔<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Physics/Unit/@Unit.asp?nUnitID=351'>D</a>〕
山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3753
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/