HOME 教育状況公表 本日
⇒#3683@講義;

  導電性高分子とMISショットキーバリア

立花和宏, 仁科辰夫
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/56307/56307_11.asp

この 講義 電気化学特論 の単元です。 この講義(導電性高分子とMISショットキーバリア)の親単元は 高分子材料~リチウム電池のバインダーやセパレータの働き~ です。

初版

関連書籍

導電性高分子のはなし1)

ポルフィリン分子膜は半導体

Al|AlxOy|ポリフィリンMISショトキ障壁パラメータ
出典:
ポルフィリン分子膜は半導体
(山下和男・木谷皓. 導電性有機薄膜の機能と設計. 協立出版, . ) 2)

導電性高分子と酸化被膜の間にかかる圧力がコンデンサの性能に与える影響3)

導電率 κ 〔S/m

 ポリチオフェン
©Copyright 2018 Masaki Sekiguchi all rights reserved.

 ポリスチレンスルホン酸(空間充填モデルスペースフィリングモデル)
©Copyright 2018 Sekiguchi Masaki all rights reserved.

PEDOTは導電性が良好なことドーピングされた導体状態環境安定性が優れていることおよび薄膜として使用した場合の光透過性が妥当であることからもっとも般的に使用されているICPのひとつです


出典:
PEDOT/PSSおよび有機溶媒分散PEDOT 4)
導電性高分子と酸化被膜の間にかかる圧力がコンデンサの性能に与える影響

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> 導電性高分子とMISショットキーバリア </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11208'> 電気化学特論 <a/a> 講義ノート, 2011. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3683'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3683 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-9-16">2019-9-16</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3683

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.