HOME 教育状況公表 本日
⇒#1262@レビュー;

ポルフィリン分子膜は半導体

山下和男・木谷皓. 導電性有機薄膜の機能と設計 . 協立出版,.

参照元

講義ノート


出典・引用元


引用・概要・要約・抄訳

ポルフィリン分子膜は半導体

Al|AlxOy|ポリフィリンMISショトキ障壁パラメータ

書評・注釈・コメント

関連書籍導電性高分子のはなし1)

関連講義エネルギー変換化学特論,導電性高分子MISショトキーバリア2)

木口学らは2011年に原子分子の電気伝導度しらべるについて原子分子電気伝導度しらべる 分子スイ分子ダイオード分子トランジスタ分子素子述べている3)

○西川幸秀,…らは2008年に大阪府堺市堺区戎島町4-45-1で開催された第49回電池討論会においてリチウムイオン次電池のためのフーリエ解析による金チタンアルミニウム正極集電体炭素導電材界面内部抵抗比較ついて報告している4)

関連書籍
有機化合物5)
材料の化学6)
導電性高分子のはなし7)8)
有機エレクトロニクス目次9)
ポルフィリン分子膜は半導体10)
機能性高分子11)


エネルギ > 【201 > 高分子材 > 導電性高分子とMISショットキーバリア,高分子材料~リチウム電池のバインダーやセパレータの働き~
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).

リチウムイオン二次電池のためのフーリエ解析による金、チタン、アルミニウム正極集電体/炭素導電材界面の内部抵抗比較
○西川幸秀,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志 ,第49回電池討論会講演要旨集 (2008).

(1導電性高分子のはなし
吉野勝美, 日刊工業新聞社, (2001).
(2エネルギ > 【201 > 高分子材 > 導電性高分子とMISショットキーバリア,高分子材料~リチウム電池のバインダーやセパレータの働き~
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).
(31原子・1分子の電気伝導度をしらべる
木口学, 化学と教育,59,136(2011).
(4リチウムイオン二次電池のためのフーリエ解析による金、チタン、アルミニウム正極集電体/炭素導電材界面の内部抵抗比較
○西川幸秀,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志 ,第49回電池討論会講演要旨集 (2008).
(5 > 有機化合物
実教出版, サイエンスビュー化学総合資料, 実教出版, (2005).
(6人間生活 > 材料の化学
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録, 数研出版, (1998).
(7導電性高分子のはなし
吉野勝美, 日刊工業新聞社, (2001).
(8 > 導電性高分子のはなし(目次)
吉野勝美, 導電性高分子のはなし, 日刊工業新聞社, (2001).
(9 > 有機エレクトロニクス(目次)
長谷川悦雄, 有機エレクトロニクス, 工業調査会, (2005).
(10 > ポルフィリン分子膜は半導体
山下和男・木谷皓, 導電性有機薄膜の機能と設計, 協立出版, (1988).
(11高分子化 > 機能性高分子
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).

科学技術振興機構. 参考文献の役割と書き方. 科学技術情報プラットフォーム. https://jipsti.jst.go.jp/sist/pdf/SIST_booklet2011.pdf, (参照).

著者名. 書名. 版表示, 出版地, 出版者, 出版年, 総ページ数, (シリーズ名, シリーズ番号), ISBN.


1.著者名
2.書名
3.版表示, 出版地, 出版者, 出版年, 総ページ数,
版表示は2版以降の場合に記述し、初版では省略します。
出版年は西暦で記述します。
ページ数の後に「p.」を付加して、総ページ数であることを示します。
4.(シリーズ名, シリーズ番号), ISBN.
シリーズ名・シリーズ番号の「(日本の<現代>,第9巻)」とISBNの 「ISBN4-7571-4100-9」は任意記述項目ですので、省略可能です。


<li> <a target="_blank" href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=1262"> ポルフィリン分子膜は半導体 </a> <br/> 山下和男・木谷皓. <cite> <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookRequest.asp?nBookRequestID=374"> 導電性有機薄膜の機能と設計 </a> </cite>. 協立出版, ( <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=1262"> 参照 2011-7-15 </a> ) . </li>


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=1262

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.