HOME 教育状況公表 本日
⇒#4959@講義;

  総合的な研修のススメ

伊藤 智博、立花 和宏、仁科 辰夫
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(総合的な研修のススメ)の親単元は 【2018年度(平成30)卒業研究】 です。

初版

総合的な研修のススメ

立花 和宏 

技術系社員の採用にあたって弊社では入社後の英語研修制度があります説明よく聞くが物理研修や地学研修について聞くことはほとんどないまして生活研修や介護研修などと言い出せば材料開発とどんな関係があるのかと訝しく思われるかもしれない

しかし風が吹けば桶屋が儲かるではないがものごとは意外なところでつながっている地球環境守るため国が進めてきた政策がゼロエネルギー住宅ZEH住宅断熱性能高めて省エネ太陽電池モジュール(PVフォトボ

ルタイク)で発電した電気活かしエネルギー消費量の収支ゼロ目指すこのZEHの普及促すため発電して余った電気買い取る仕組み国が約束した固定価格買取制度その約束から10年が過ぎ今度は余った電気自家消費するため蓄電

ステムにためてエネルギー管理HEMSヘムズしようというZEHチプラスが定義された2018年のことであるそしてそのZEHの主役担う蓄電システムこそ電気自動車EVなのである

EVはもはや単なる移動の手段ではない動く蓄電システムあるこのパラダイムシフトEVの設計コンセプト大きく変えるだろうこれまでEVはガソリン車に匹敵する航続距離得るため電池容量目指してきたしかし蓄電システム

してのEVはそもそもガソリン車と競合し得ないそのEVとZEH連携させるのがVヴィークルトゥホーム機器H機器はーコンディショナテリーモジュールからなり今まさに群雄割拠の様相呈しているこのV

睨んだEVは子どもや高齢者あるいは買い物難民にやさしく生活豊かにし住まうということが重要視された設計になるに違いない

まずは社会評論よりひとりひとりの生活今後どうなるかある2019年の相場で10kWのPV40kWhのEVH機器の総額試算するとエネルギー関連機器だけで1000円だちなみに10kWのPVには30坪の屋根が要るので

れに見合ったZEH基準満たした住宅は少なく見積もっても3000円だ地球環境守るためとは言え果たしてこれらの費用があなたに払えるだろうか?

こんな高い代物は長く使わないとモトが取れない仮にマイナス金利政策に便乗し長期優良住宅認定低炭素住宅が優遇されるフラ35ローン組んで30歳から月額約12円ずつ払ったとしてもローン払い終わるのは65この間に劣化や老

朽化が進むのはエネルギー関連機器ばかりではないエネルギー関連機器使うあなたも介護受ける側の高齢者となり買い物難民になっているかもしれないのだ

こんな将来思い描けば人にも環境にも優しい材料開発高機能高付加価値からコスト化と高信頼長寿命との両立に舵が切られてゆくように思われるだからそのようなニーズ気づくために当たり前の生活研修の場として欲しいのであるそん

なものは自己責任と言わずに皆でコミュニケーション取りながら研修して欲しいのである知らないこと専門外と言い訳せずに広く物事捉えて欲しいのであるそしておまかせ民主主義の評論家としてではなく当事者として長期的な材料開発テーマ

模索して欲しいのである少なくとも目先の助成金もらう言い訳のためのごみ作りの片棒担ぐような材料開発あって欲しくないと思うのである

電材ジャーナル

http://www.jeia.…

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> 伊藤 智博、立花 和宏、仁科 辰夫. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4959'> <q><cite> 総合的な研修のススメ </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2019.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4959'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4959 </a> ,  (参照 <time datetime="2020-7-5">2020-7-5</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4959

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2020 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.