HOME 教育状況公表 本日
⇒#319@講義;

0002.0001.0004.  課題実験(4月)

https://gb.yz.yamagata-u.ac.jp/c1/s/default.aspx

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(課題実験(4月))の親単元は イベント@C1 です。

初版
歓迎実験1)に引きつづき与えられた課題通して実験します科学の基礎として現象の再現性について精度誤差など実験スキルもに身につけますまた安全セキュリティに関しても身につけます

温度2)圧力濃度など化学の状態量に注意向けられるようになるとともに電気化学基本ある電流電圧時間などの物理量正しく測定できるようにします

基礎技術習得のための課題4月完了
卯月3)皐月4)

課題電気化学教科書卒業論文など調査して行う試薬等で不足しているものがあれば遠藤技官に申し出る注文してから日数がかかるものがあるので事前に実験試薬器具5)チェ前の週には注文しておくこと

緒論6)

PREV歓迎実験7)
NEXT花見8)グループ実験個人実験月~9)

装置
AUTO STILL純水製造装置10)

関連講義
電気化学の庵,物理実験器具と操作11)
電気化学の庵,化学実験器具と操作12)
電気化学の庵,生物実験器具と操作13)


歓迎実験(3月),イベント
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

4月(卯月),
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).

5月(皐月),
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).

器具、ツール、電子部品,装置と器具
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

歓迎実験(3月),イベント
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

花見(4月),イベント
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

グループ実験+個人実験(5月~),イベント
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

AUTO STILL(純水製造装置)測定装置.

物理実験の器具と操作,高校物理
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).

化学実験の器具と操作,高校化学
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).

生物実験の器具と操作,高校生物
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).

(1歓迎実験(3月),イベント
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(2T温度tempretureケルビン, (物理量).
(34月(卯月),
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).
(45月(皐月),
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).
(5器具、ツール、電子部品,装置と器具
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(6緒論
吉田卯三郎, 武居文助共著, 物理学実験, 三省堂, (1958).
(7歓迎実験(3月),イベント
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(8花見(4月),イベント
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(9グループ実験+個人実験(5月~),イベント
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(10AUTO STILL(純水製造装置)測定装置.
(11物理実験の器具と操作,高校物理
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).
(12化学実験の器具と操作,高校化学
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).
(13生物実験の器具と操作,高校生物
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> 課題実験(4月) </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2005. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=319'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=319 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-12-16">2019-12-16</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=319

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.