HOME 教育状況公表 本日
⇒#320@講義;

0000.  アルミニウムの不働態化とサイクリックボルタモグラムの基礎

/amenity/Laboratory/LaboNoteWeb.aspx?nLaboNoteID=88

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(アルミニウムの不働態化とサイクリックボルタモグラムの基礎)の親単元は 課題実験(4月) です。

初版
課題実験1)ひと歓迎実験2)アルミニウムの陽極酸化アルマイト加工3)発展

比抵抗導電率使用以上のイオン交換水wt%のアジピン酸アンモニウムコンデンサ特級グレード水溶液調整多結晶アルミニウムN99.99材のボルタモグラム25℃±0.2℃で測定再現の枚のボルタモグラムぴたりと重ねる電位掃引速度0.1V/secとし電位の上限2Vとするセル電極方式とし対極白金参照極/塩化銀電極塩橋重にする恒温槽ポテンショスタットガルバノスタ(HOKUTO DENKO HA-151)4)ファンクションジェネレータHB-111XYレコーダWX1200等使ってもよい環境に配慮してセル10mlビーカー利用する

バルブメタルサイクリボルタモグラム5)6)
前処理7)アルカリ脱脂水酸化ナトリウム8)
アジピン酸アンモニウム9)
Ag+Cl(-)<->AgCl10)

装置
AUTO STILL純水製造装置11)

関連講義
アルミニウムの陽極酸化アルマイト加工 12)
サイクリクボルタンメトリー13)

課題実験(4月),イベント
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

歓迎実験(3月),イベント
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

アルミニウムの陽極酸化(アルマイト加工) ,表面加工とエネルギー変換
遠藤 昌敏, 無機・分析化学応用実験, 講義ノート, (2008).

ポテンショスタット・ガルバノスタット測定装置.

バルブメタルのサイクリックボルタモグラム,サイクリックボルタンメトリー
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

アルミのCVグラフ.

前処理,アルミニウムとその化合物
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

AUTO STILL(純水製造装置)測定装置.

アルミニウムの陽極酸化(アルマイト加工) ,表面加工とエネルギー変換
遠藤 昌敏, 無機・分析化学応用実験, 講義ノート, (2008).

サイクリックボルタンメトリー,測定と評価
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

(1課題実験(4月),イベント
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(2歓迎実験(3月),イベント
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(3アルミニウムの陽極酸化(アルマイト加工) ,表面加工とエネルギー変換
遠藤 昌敏, 無機・分析化学応用実験, 講義ノート, (2008).
(4ポテンショスタット・ガルバノスタット測定装置.
(5バルブメタルのサイクリックボルタモグラム,サイクリックボルタンメトリー
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(6アルミのCVグラフ.
(7前処理,アルミニウムとその化合物
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(8水酸化ナトリウムsodium hydroxideNaOH, FW = 39.99714 g/mol, (化学種).
(9アジピン酸アンモニウムNH4OOC(CH2)4COONH4, FW = 180.20404 g/mol, (化学種).
(10)   AgCl + e- =   Ag + Cl-, E = 0.2223 V, (反応-14).
(11AUTO STILL(純水製造装置)測定装置.
(12アルミニウムの陽極酸化(アルマイト加工) ,表面加工とエネルギー変換
遠藤 昌敏, 無機・分析化学応用実験, 講義ノート, (2008).
(13サイクリックボルタンメトリー,測定と評価
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> アルミニウムの不働態化とサイクリックボルタモグラムの基礎 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2005. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=320'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=320 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-9-23">2019-9-23</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=320

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.