HOME 教育用公開ウェブサービス ROBINS
⇒#1525@講義;

丹那トンネル

http://www.kinomiya.or.jp/tanna/tunnel.htm

この 講義 お散歩の中にサイエンスを探し求めて♪ の単元です。


この講義の概要


概要

静岡県1)にあるトンネルです回に及ぶ崩落事故で死者67重傷者810名が出ています尊い犠牲の上に16年の歳月かけ昭和年に開通しました入り口の上には殉職者の方々の慰霊碑があり草葉の陰から東海道線2)通る人々見守っていることでしょう

新幹線3)が通る新丹那トンネルは丹那トンネルメートル上に掘削され湧水丹那トンネルの水抜き坑に排水するように計画されましたまた青函トンネル4)にその掘削技術が活かされます

1959昭和34新幹線に向けて新丹那トンネル起工5)


後藤新平ごとうしんぺい6)7)

大正時代8)

昭和時代9)

200710)
学会液晶サマースクール静岡県熱海市11)

北緯35556東経139344
http://watchizu.…

考文献
裂く道12)

東海道の最長トンネル
http://www.kinom…




静岡県,中部地方
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).

東海道線,在来線
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).

東海道新幹線,新幹線
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).

青函トンネル,トンネル、橋梁、塔(タワー)、ダムなど
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

1950s,現代
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).

後藤新平(ごとうしんぺい),豪族・公家・武将・政治家
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).

後藤新平記念館,人物記念館・生家・旧居
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

大正時代,高校歴史
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).

昭和時代,高校歴史
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).

2007年7月
立花和宏, 研究ノート, (2007).

【学会】液晶サマースクール@静岡県熱海市
立花和宏, 研究ノート, (2007).

(1静岡県,中部地方
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).
(2東海道線,在来線
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).
(3東海道新幹線,新幹線
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).
(4青函トンネル,トンネル、橋梁、塔(タワー)、ダムなど
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).
(51950s,現代
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).
(6後藤新平(ごとうしんぺい),豪族・公家・武将・政治家
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).
(7後藤新平記念館,人物記念館・生家・旧居
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).
(8大正時代,高校歴史
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).
(9昭和時代,高校歴史
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).
(102007年7月
立花和宏, 研究ノート, (2007).
(11【学会】液晶サマースクール@静岡県熱海市
立花和宏, 研究ノート, (2007).
(12闇を裂く道
吉村昭, 文春文庫, (1990).

関連の展示品

参考文献書籍論文 ・URL)

課題



<li> <article> . <q><cite> 丹那トンネル </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11105'> お散歩の中にサイエンスを探し求めて♪ <a/a> 講義ノート, 2007. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1525'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1525 </a> ,  (参照 <time datetime="2017-9-24">2017-9-24</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1525