⇒#302@物理量;

接触抵抗率


物理量】接触抵抗率⇒#302@物理量;
接触抵抗率 ρc / Ω·m²


接触抵抗率の大綱となる 物理量は、接触抵抗率です。

電圧あるいは界面電位差見かけの電流密度で割ったものです接触オーミクコンタクト場合は電流とともに接触抵抗が増大する傾向がありますが半導体場合は逆に電流が流れた方が接触抵抗が低減します

接触抵抗率 ρc 〔Ω·m²電圧÷電流密度 J 〔A/m²
接触抵抗率 ρc 〔Ω·m²接触抵抗 Rc 〔Ω×電極面積 A 〔
接触コンダクタンス G 〔S/m²

接触抵抗率を求める計算式

接触抵抗率の細目となる 物理量

化学種 の接触抵抗率

材料 の接触抵抗率

<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Physics/Quantity/@Quantity.asp?nQuantityID=302'>接触抵抗率</a><a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Physics/Quantity/@Quantity.asp?nQuantityID=302'> <var>ρc</var></a>〔<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Physics/Unit/@Unit.asp?nUnitID=292'>Ω·m²</a>〕
山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3753
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/