HOME 教育状況公表 本日
⇒#535@物理量;

BET比表面積



BET比表面積の大綱となる 物理量は、比表面積です。

BET法で測定した重量1)あたりの表面積2)のことです粉体や多孔質材料の特性表現します活性炭シリカゲルように大変比表面積が大きい材料もあります3)物理吸着化学吸着などは分子表面結合することですが表面積と吸着性能と関係があります粒径4)が小さいほど大きくなる傾向があります


(1重量( [kg(キログラム)].
(2表面積(surface areaS [m2(平方メートル)].
(3 > 粉体の表面の性質
小石真純, 角田光雄著, 粉体の表面化学, 日刊工業新聞社, (1975).
(4粒径(parrticle sizer [m(メートル)].

BET比表面積を求める計算式

BET比表面積の細目となる 物理量

化学種 のBET比表面積

材料 のBET比表面積

<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Physics/Quantity/@Quantity.asp?nQuantityID=535'>BET比表面積</a><a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Physics/Quantity/@Quantity.asp?nQuantityID=535'> <var>S</var></a>〔<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Physics/Unit/@Unit.asp?nUnitID=127'>m<sup>2</sup>/kg</a>〕

物理量のテーブルを参照しています。 性状


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3753
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/