HOME 教育状況公表 本日
⇒#468@物理量;

被覆率



被覆率の大綱となる 物理量は、分率です。

被覆占有されている吸着サイト÷吸着サイトの総数
被覆率≒被覆面積1)÷表面積2)
被覆吸着質体積÷単分子層完成させるのに必要な吸着質の体積

関連書籍
固体表面3)
物理吸着と化学吸着4)


(1被覆面積 x / .
(2表面積 S / .
(3 > 固体表面
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, , (1998).
(4 > 物理吸着と化学吸着
Peter Atkins・Julio de Paula/千葉秀明・稲葉章訳, アトキンス物理化学要論 第5版, 東京化学同人, p.418, (2012).

被覆率を求める計算式

被覆率の細目となる 物理量

化学種 の被覆率

材料 の被覆率

<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Physics/Quantity/@Quantity.asp?nQuantityID=468'>被覆率</a><a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Physics/Quantity/@Quantity.asp?nQuantityID=468'> <var>θ</var></a>〔<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Physics/Unit/@Unit.asp?nUnitID=140'>・</a>〕

物理量のテーブルを参照しています。 性状


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3753
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/