HOME 教育状況公表 令和4年7月5日
⇒#3018@材料;

🏞 濃硫酸 (18M)


材料】濃硫酸 (18M)⇒#3018@材料;

濃硫酸 (18M)の大綱となる 材料は、硫酸です。

  1 材料の諸元
項目 内容
名称 濃硫酸 (18M)
危険性

硫酸塩酸, 硝酸と並ぶ代表的な無機無色透明の粘性の高い液体である硫酸は強い塩基般に希硫酸ではイオン化傾向水素より大きいものと反応して水素発生する多くの金属酸化物と反応して硫酸与える水に溶かすと発熱する

 多くの有機化合物に対しては付加スルホン脱水酸化などの化学反応行う脱水食品工業金属精錬製鋼紡績製紙肥料など幅広い用途として工業的に利用されている

 硫酸は極めて強い脱水作用およびそれに伴う腐食作用がある吸湿性利用した乾燥剤としての用途がある反面硫酸皮膚粘膜などに付着すると水分奪って化学性の火傷起こすため皮膚その他に付着しないよう特に気付ける必要がある硫酸皮膚に付着した場合やけどしますので分に注意することもし実験中に皮膚や衣類に付着したときは基本的には速やかに水で洗い流して頂き教職員に申し出るようにしてください

 また不揮発性液体であるため実験中に誤ってこぼしたときは教職員に申し出てください実験はじめとする硫酸が付着したものがぼろぼろになります濃度計算復習しましょう

巻末資料

p.249 代表的な酸塩基試薬の調製法が書かれている

主な合成高分子化合物とその性質1)
関連講義エネルギー変換化学特論,高分子材料リチウム電池バインダーセパレータ働き~2)


エネルギ > 【201 > 高分子材料~リチウム電池のバインダーやセパレータの働き~,【2011年(平成23)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).

(1主な合成高分子化合物とその性質.
(2エネルギ > 【201 > 高分子材料~リチウム電池のバインダーやセパレータの働き~,【2011年(平成23)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).

出典:
巻末資料
(実教出版. サイエンスビュー化学総合資料. 実教出版, . ) 1)

希硫酸


物性

物性・特性
id物理量数値
38密度/g/cm31.835
39融点/°C3
40体積モル濃度/°C
43重量百分率/96
58沸点/°C322

この 材料 濃硫酸 (18M) の成分( 化学種

この 材料 濃硫酸 (18M)の細目

サンプル 内部資料

  • 希硫酸部屋番号・研究室名?キャビネット(棚)名?
  • 硫酸 Sulfuric Acidキャビネット(棚)の名称
  • 硫酸キャビネット(棚)の名称
  • 硫酸キャビネット(棚)の名称
  • 硫酸キャビネット(棚)の名称
  • 硫酸キャビネット(棚)の名称
  • 硫酸(EL級)キャビネット(棚)の名称
  • 硫酸キャビネット(棚)の名称
  • 硫酸キャビネット(棚)の名称
  • 硫酸キャビネット(棚)の名称
  • 硫酸キャビネット(棚)の名称
  • 硫酸キャビネット(棚)の名称
  • 硫酸キャビネット(棚)の名称
  • 硫酸キャビネット(棚)の名称
  • 硫酸キャビネット(棚)の名称
  • 製品

    材料は、寸法に自由度があります。 それを実際に容器につめたり、パッケージングしたりしたものが サンプルです。


      2 高圧ガス容器
    高圧ガスの分類 ガスの名称 性質 原料/製法 用途
    酸素ガス 酸素 空気 製鉄
    水素ガス 水素 LNG
    液化炭酸ガス 二酸化炭素 消火
    液化アンモニアガス アンモニア 空気
    液化塩素ガス 塩素 海水 電解
    アセチレンガス アセチレン 溶接
    可燃性ガス プロパン 石油 燃料
    可燃性・毒性ガス 可燃性・毒性ガス
    毒性ガス 毒性ガス
    その他のガス アルゴン

    可燃性ガスと不燃性ガスでは、ねじの切る向きが違います。 *


    QRコード
    https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Sample/@Specimen.asp?id=3018


    このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

    山形大学 データベースアメニティ研究所
    〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
    3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
    准教授 伊藤智博
    0238-26-3573
    http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

    Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.