HOME 教育状況公表 令和4年5月24日
⇒#493@材料;

🏞 硫酸


材料】硫酸⇒#493@材料;

硫酸の大綱となる 材料は、です。

  1 材料の諸元
項目 内容
名称 硫酸
危険性

硫黄1)黄鉄鉱2)原料としてつくります
濃度によって希硫酸濃硫酸発煙硫酸などの材料があります

濃度計算復習しましょう巻末資料3)

石油脱硫硫黄に酸素作用させて酸化硫黄してそこのバナジウム触媒使って酸化硫黄しますさらに水作用させて硫酸とします

二酸化硫黄4)酸素バナジウム触媒三酸化硫黄5)
三酸化硫黄6)硫酸

7)硫酸8)鉛蓄電池9)

関連講義無機工業化学,酸・アルカリ工業と肥料、水資源@無機工業化学10)

日本では1873年大阪の造幣局で鉛室法により硫酸製造が開始されます
造幣博物館(本局)11)明治時代12)

材料酸化バナジウム()酸化バナジウム(Ⅴ)13)

http://c1.yz.yam…



鉛蓄電池製品.

 > 酸・アルカリ工業と肥料、水資源@無機工業化学,
立花 和宏,無機工業化学, 講義ノート, (2012).

ミュージ > 博物館 > 造幣博物館(本局),博物館
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2008).

高等学校 > 高校歴史 > 明治時代,高校歴史
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (1868).

物性

物性・特性
id物理量数値
59沸点/°C322
60融点/°C10.35
61密度/m1826

この 材料 硫酸 の成分( 化学種

この 材料 硫酸の細目

サンプル 内部資料

  • 硫酸香田・西岡・宮田研究室szCabinet
  • 硫酸「電気化学」0 '
  • 硫酸キャビネット(棚)の名称
  • 硫酸キャビネット(棚)の名称
  • 硫酸キャビネット(棚)の名称
  • 硫酸キャビネット(棚)の名称
  • 硫酸キャビネット(棚)の名称
  • 硫酸キャビネット(棚)の名称
  • 硫酸キャビネット(棚)の名称
  • 硫酸キャビネット(棚)の名称
  • 硫酸キャビネット(棚)の名称
  • 硫酸キャビネット(棚)の名称
  • 硫酸キャビネット(棚)の名称
  • 硫酸29号館 仁科研究室(9-300-3)  キャビネット(棚)の名称
  • 硫酸(2007年度PRTR集計用)キャビネット(棚)の名称
  • 硫酸キャビネット(棚)の名称
  • 硫酸(2005年度PRTR集計用)キャビネット(棚)の名称
  • 硫酸キャビネット(棚)の名称
  • N/12硫酸キャビネット(棚)の名称
  • 硫酸キャビネット(棚)の名称
  • 硫酸キャビネット(棚)の名称
  • 硫酸キャビネット(棚)の名称
  • 硫酸キャビネット(棚)の名称
  • 硫酸キャビネット(棚)の名称
  • 硫酸キャビネット(棚)の名称
  • 硫酸キャビネット(棚)の名称
  • 硫酸キャビネット(棚)の名称
  • 硫酸キャビネット(棚)の名称
  • 硫酸キャビネット(棚)の名称
  • 硫酸キャビネット(棚)の名称
  • 硫酸キャビネット(棚)の名称
  • 硫酸キャビネット(棚)の名称
  • 製品

    材料は、寸法に自由度があります。 それを実際に容器につめたり、パッケージングしたりしたものが サンプルです。


      2 高圧ガス容器
    高圧ガスの分類 ガスの名称 性質 原料/製法 用途
    酸素ガス 酸素 空気 製鉄
    水素ガス 水素 LNG
    液化炭酸ガス 二酸化炭素 消火
    液化アンモニアガス アンモニア 空気
    液化塩素ガス 塩素 海水 電解
    アセチレンガス アセチレン 溶接
    可燃性ガス プロパン 石油 燃料
    可燃性・毒性ガス 可燃性・毒性ガス
    毒性ガス 毒性ガス
    その他のガス アルゴン

    可燃性ガスと不燃性ガスでは、ねじの切る向きが違います。 *


    QRコード
    https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Sample/@Specimen.asp?id=493


    このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

    山形大学 データベースアメニティ研究所
    〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
    3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
    准教授 伊藤智博
    0238-26-3573
    http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

    Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.