⇒#170

塩基

水酸化ナトリウム1)水溶液は赤リトマスにしたりしますこのような性質塩基性またはアルカリ性といい塩基性示す物質基といいます2)定義によってアレニウス塩基ブレンステッド塩基ルイス塩基などがあります基は酸性酸化物非金属単体反応して生成します
逆に酸性示す物質といいます濃度水溶液中でも電離度に近い強塩基電離度が小さい弱塩基といいますイオン導電体です

アルカリ性食品健康によいというのは大正時代からの俗信です人間の血液はpH7.40アルカリ性です血液のpHが7.30まで酸性側に傾けば生死の境さまようことになりますしかし血液何重もの生体内の緩衝機構によってpH7.40きっかりに維持されていることがわかっています基がうちけされる反応中和といいます生体内ではDNARNAでは基配列が生命の遺伝情報つかさどります

無機化学I3)
無機薬品材料化学4)

ドナー5)が大きいほど塩基性の強い溶媒ということになります

関連書籍
化学平衡の応用6)
基の平衡7)



(1水酸化ナトリウムsodium hydroxideNaOH, FW = 39.99714 g/mol, (化学種).
(2 > 物質の変化
佐野博敏、花房昭静, 総合図説化学, 第一学習社, (1995).
(3無機化学I,化学系(Aコース),etc,(旧)工学部学科,山形大学
,シラバス-山形大学, (2007).
(4 > 無機薬品・材料化学
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).
(5ドナー数(doner numberDN [キロジュール毎モル].
(6 > 化学平衡の応用
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).
(7平衡に関 > 酸と塩基の平衡
井上 勝也 著, 現代物理化学序説 改訂版, 培風館, (1981).
無機化学I有機化学I無機化学I無機・分析化学基礎実験無機化学I